アースクエイクとガンバンテイン【20200913】

某所での情報やお友達に教えていただいた内容を元に、アースクエイクのHit数をガンバンテインで減らすことについて実験してみました。
ひとまずモロクの現身(物質型)でアースクエイクをガンバンテインで1Hitに抑えた様子の動画をご参照ください。



動画の通り、ガンバンテイン未使用の1体目3体目は3Hitしていますが、ガンバンテインを使用した2体目と4体目は1Hitになっている様子が見れると思います。
続きはこれを元にろれさんとツーハンドクイッケン状態のイフリートで実験した様子です。
○アースクエイクのHit数を減らす概要図(想像が入っています)
想定が入りますが、想像だと以下のタイミングでHit数が減るのではないかと考えています。

20200913_001

何度か試しましたが、詠唱中などアースクエイク発動前にガンバンテインを使用しても3Hitのままでした。
モロクの現身(物質型)のアーククエイクのエフェクトが見えた瞬間に、モンスターの足元目掛けてガンバンテインを使用すると1Hitに減らすことができましたが、タイミングがずれると2Hitになることもしばしばありました。
この辺から上の図のように1Hit目から2Hit目(黄色の部分)の間にガンバンテインを使用出来ればアースクエイクを1Hitに抑えることができると思われます。
同様に1Hit目~2Hit目に間に合わなかった場合も、2Hit目から3Hit目までの間にガンバンテインを使用出来ればアースクエイクが2Hitになるようです。

アースドライブやガンバンテインでHit数を少なくできる理由は推測になりますが、アースクエイク使用時にアースクエイク用のオブジェクトをモンスターの足元に設置→3Hitまで攻撃して消滅が本来の動作ですが3Hitする前にこのオブジェクトをアースドライブやガンバンテインで消滅できれば少ないHit数で済むという事ですかね。
推測なのであまり当てにはならないですが。

○ASPDが早いモンスターだとどうなるか?
モロクの現身(物質型)はASPDが高くない部類だと思います。
アースクエイクは体感してる範囲だと、ASPDが高い相手ほどダメージが入るタイミングも早いと思われます。
上記の概要図にあるアースクエイク1Hit目~2Hit目と2Hit目~3Hit目の間隔も短くなりタイミングがシビアになるのでは?と仮定しました。
そこで、ろれさんにお願いしてツーハンドクイッケンの入ったイフリートでお試ししてみることにしました。

最初はアースクエイクの発動を目にしてからガンバンテインをしていましたが、見事に3Hitしてますね。

20200913_002

やはりASPDが高い相手だとエフェクトを見てからガンバンテインだと、私の腕では間に合わないようです。
イフリートのアースクエイクは20秒周期なので、この辺りを考慮しつつガンバンテインを置くと1Hitに抑えられたり2Hitになったりと安定はしませんがHit数を抑えられました。

20200913_003

ただ、ガンバンテインは20%の確率で失敗するためその辺も不安要素でした。
現にこの実験中もガンバンテイン発動に失敗して3Hitすることがしばしばありました。

とはいえ、手札が多いに越したことはないですし、使える場面では狙っていきたいところです。
また協力していただいたろれさんや、教えていただいた方には改めて御礼申し上げます。
ありがとうございます~。
上記についてご指摘や他に情報等ありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/20:リンク先を1件追加しました。
紹介記事更新はまた月曜日あたりに更新しようかと思います。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。