5人(外コートあり)で古龍ジラントと反省点【20200321】

まずは皆様、深淵の回廊お疲れさまでした。
疲労があると思いますので、連休中はできるだけ休むようにしていただければと思います。

既にさんゆうさん、鳩ポッポさんのブログにもありますが以下の5人と外で修羅さんにコートで古龍ジラントを倒すことができました。

20200321_001

修羅:めいりん☆さん
ロイヤルガード:Eさん
レンジャー:鳩ポッポさん
アークビショップ:さんゆうさん
ソーサラー:私

4/5がブロガーというブロガー率の高さ。
続きはその時のダイジェストと個人的な反省点となります。
〇戦闘開始~守護天使召喚まで
開戦前にめいりん☆さん(修羅)にはコートをしています。
開戦後はひとまず部屋の南側にベースを設けます。
めいりん☆さん(修羅)から合図をもらって鳩ポッポさん(レンジャー)が攻撃し最初の守護天使召喚ギミックまで進めます。
あとは22天使をめいりん☆さん(修羅)に釣ってもらいつつ各個撃破していきます。

20200321_002

たいていは途中で古龍ジラントが乱入するのでその時はめいりん☆さん(修羅)がひきつけつつ、残りはまとまって退避する形でした。

20200321_003

この時に一時的に私(ソーサラー)が前衛を務める場面もあるため、ひとまず火水耐性100%↑闇服石化凍結対策ありで装備を調整していました。
ただ、あり合わせでひとまず対策した程度であったため風属性耐性が弱く、盾も人耐性のみの状態でした。
言うほど問題はないものの、次の機会があればここ用に再調整したいところですね。
撃破時はめいりん☆さん(修羅)が慣れていたのもあり、即座に復帰し残りの守護天使もすべて倒せました。
短期間の間にこれほど練度を高められるとはさすがの一言です。

他は通常のMVP戦同様の対応となり、ニューマを阻害するためのセイフティウォールを使ったり、アジリティアップをディスペルで解除、アイテムなどで後衛さんの状態異常解除サポートなどをこなせれば問題なさそうです。

〇呪いの古龍召喚~煉獄の炎まで
守護天使あとにEさん(ロイヤルガード)がパイエティで必要なメンバーの方を聖属性に変更してから、古龍ジラントと本格的な戦闘となります。

20200321_004

さんゆうさん(アークビショップ)のブログに記載の通りハウリングオブマンドラゴラの範囲外かつ、セイフティウォールの届く範囲に位置するように心がけていました。
セイフティウォールは実験してみた感じだと10マス離れている場所でも横に1~2セルくらいまではその場を動かずに設置可能なようでしたので、めいりん☆さん(修羅)との直線上のセルは他の方が使いやすいように空けることも意識してます。
ちなみに上の画像のデリュージは私ではなく、さんゆうさん(アークビショップ)に設置していただいたものとなります。
後半はめいりん☆さん(修羅)用にランドプロテクターを使用することもあるため、非常に助かりました。


HPを規定地まで削ると呪いの古龍召喚のギミック開始となります。
呪いの古龍は原則鳩ポッポさん(レンジャー)にお任せでしたが、私も含め古王の双刃を忘れた回もあったので忘れずに持ち込まないとですね・・・。
といってもモンスターのAIの都合もあり、近づく呪いの古龍をこまめに倒していればそのうち遠くに再出現するので、出現先に近づかなければ何とかなりそうでしたが。

次の煉獄の炎ギミックですがセイフティウォールがうまく機能しなかったのもあり、Eさん(ロイヤルガード)が倒れる結果となってしまいました。

20200321_005

ここをどう超えるかが今後の課題の一つになりそうです。
今は2案あり一つはゼファーを使う案、もう一つはエレメンタルシールドでセイフティウォールを重ねて設置する案となります。

一つ目は一度試す機会がありましたが、装備が半端であったため私が古龍のファイアーブレスに耐えれず失敗しました。
二つ目はまだ未実証ですが、前の検証で重ねおきした場合も一つずつ消費する傾向だったのは確認しているので、次の回廊でチャンスがあれば狙ってみようかと思います。

〇使用スキル追加~狂乱まで
使用スキル追加については鳩ポッポさん(レンジャー)がマックスペインも的確に対処できるので特に問題なく進行。
狂乱時は私(ソーサラー)のディスペルとさんゆうさん(アークビショップ)のクリアランスで解除可能なためこれで対応しています。
普段はEさん(ロイヤルガード)とさんゆうさん(アークビショップ)を優先し、めいりん☆さん(修羅)へは次の深い睡眠ギミック時に解除する手順としていました。

撃破時は献身ができなくなったこともあり、狂乱開始時に独断でめいりん☆さん(修羅)にディスペルを使用しました。
この結果、直後のジャックフロストでヒヤリとする場面が・・・。

20200321_006

流石に危険すぎる賭けだったようです。
しかしめいりん☆さん(修羅)が耐えてくれたおかげで、勝機が見えた瞬間でもありました。
とはいえ危なかったの事実なので、ここの献身不在時の乗り切り方も検討が必要ですね。

〇全体深い睡眠&回復
ここはリーチエンドで自分のは解除を試みようとしていましたが、間に合わずZzz・・・。
しかし、さんゆうさん(アークビショップ)さんがスッとめいりん☆さん(修羅)さんのスノーフリップの射程圏内まで移動していたおかげで無事に切り抜けられました。

20200321_007

この辺は経験値の違いを実感したところであり、素晴らしい動きでもありました。

〇竜の眷属化~イビルアイ召喚まで
竜の眷属化はクリアランスで問題なく対応可能ですね。
ディスペルはWikiに記載がなかったことから察してはいましたが、解除できないようです。

朽ちた古王グローザ召喚は事前に深層のグローザを撃破していたので実質ノーギミック。
このタイミングでランドプロテクターを使用していましたが、リプレイをよく見ると召喚直前から古龍ジラントがサイキックウェーブを使用していたので、眷属あたりからランドプロテクターをしたほうが安全かもです。
また、このあたりでひとまずの私(ソーサラー)の支援系作業が終わるので、補助火力となるべく装備を精霊王の宝冠用に持ち替えています。

イビルアイは鳩ポッポさん(レンジャー)の華麗なチャージアローで問題なく進行。
この辺で精霊を召喚しておくと最終ギミック時までは精霊が何とか使える状態になりそうでしたが、ここはまた機会があればよく確認したいところです。

〇必殺の技~撃破まで
鳩ポッポさん(レンジャー)さんの火力が高いので、無理に火力参加しなくてもよさそうでしたが、念のため私もここだけダイヤモンドダストで攻撃しています。
といってもあってもなくても変わらないくらい鳩ポッポさん(レンジャー)の火力が高かったので必殺技の準備に入ってすぐに撃破となりました。

20200321_008

個人的にも古龍ジラント初撃破だったのでよい経験となりました。
また上記の通り私自身は未熟な点もいくつかあったのでこの点の改善に努めたいと思います。

最後になりますが、PTメンバーの方々は本当にありがとうございました。
よければまた次回もよろしくお願いいたします。

コメント

No title

あのときの気持ちがよみがえってくる記事にどきどきです。
SIAさんも古龍おつかれさまでしたー。
位置どりは事前に10セルっておもっていても実際にはここかな?ここかな?ってそのあたりをウロウロすることが多くってSIAさんの無駄のない位置どりは本当きれいでした。うっとり。
ブレス、皿スキルでこえれたらかっこいいねー!ゼファーでこえるとしたら、オシペロ出現次点で修羅のとなりにいきたくなりそう(;w;)。

Re: No title

> さんゆうさん
改めてお疲れ様でした。
位置取りは難しいですよね。
私も大体の位置についたらセイフティウォールなどを使用してみて、良い位置にいるか確認しながら調整することが多いです。
ブレスについては上手く行けばだいぶ楽になりそうなので、次回は上記の案で挑戦してみたいところです。

機会があれば、次回もよろしくお願いいたします。

No title

よんさまの言う通りリプレイみるだけでうおーーー!!ってなれる!

しあさんのすごいプレイが見れて良かったです!色々勉強になりました~
是非是非またご一緒できれば幸いです!

Re: No title

> 鳩ポッポさん
改めてお疲れ様でした~。

私も鳩ポッポさんの動きや考え方など色々と勉強になりました。
都合が良ければ次回もよろしくお願いいたします。
非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/20:リンク先を1件追加しました。
紹介記事更新はまた月曜日あたりに更新しようかと思います。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。