FC2ブログ

精霊のAtk調査中【20191012】

台風の影響かまともに行動できない事もあり、誰得レベルな気もする精霊のAtkの調査をしていました。
どうにもIROの計算式とは違いそうな雰囲気で、計算式も不明のままなのでもっとデータが必要そうです。
今回はエレメンタルシンパシー未習得の状態で、いくつか条件を変えて確認をしています。
計測方法は攻撃を受けるキャラを用意し、そのダメージログから最大値・平均値・最小値を割り出して一覧化しています。
ただ、ログの仕様なのか一定の量がたまるとまとめて過去のログを複数行削除し、ログの出力を再開するという仕様のようなのでダメージを受けた回数が一定でないのが難点です。
(以下計測結果の項番ごとに130回~200回程度でばらついています)

20191012_001

ひとまず計測結果は以下となります。

20191012_002

20191012_003

綺麗にならないので画像です

概ねタイトルを見ればわかると思いますが、『計算上の最小atk』はIROの精霊の最小Atk計算式と言われる『ATK (Min) = Floor(SummonerMaxSP ÷ (18 ÷ SummonLv))』の計算結果となります。

また、アクアとベントスは精霊のAtkボーナスがありませんが、アグニは召喚Lv×20分、精霊のAtk増加します。

いくつかポイントを絞って結果を整理すると以下のような感じでしょうか。

〇IROの最小Atk計算式と完全には一致しない
精霊Lv3でMSP2946は近そうな値でしたがそれ以外は20~60前後差異があるようです。
Lv1は元の値を考慮すると無視できない差異に見えますが・・・。

〇精霊のLvが上がる毎にAtkも増加する
これは項番2~4を見ればわかる通りで、精霊のLvによってAtkが変動するようです。

〇最大SPが増えると精霊のAtkも増加する、Int自体は影響しない
これはまず項番2~4の結果と項番8~10を見比べるとわかりやすいでしょうか。
最大SPが2946→3535に増加した場合、Atkも増加しているのが結果から見えると思います。
また項番11~13はIntを上げて最大SP3495まで上げたケースですが、項番8~10と差異が少ないことからInt自体はAtk増加に直接関係しないと判断しています。
(念のためですがIntを上げることで最大SPも上昇するので間接的には意味があります)

〇ベースレベルとジョブレベルも影響しない
項番14~16はベースレベルとジョブレベルを変えて項番8~10に近い条件で計測した結果となります。
平均は少しぶれていますが、最大値と最小値がほぼ同じ値のため、ベースレベルとジョブレベルも影響なしと考えています。

〇武器Atk増加も影響なさそう。
項番16と17はオーディンの力Lv1(武器Atk/Matk60増加)有無の結果ですがこれもほぼ同じ最大値と最小値のため武器Atkの効果もなさそうです。
ついでですが武器Matkも影響なさそうですね。

〇アグニのAtk増加分も綺麗な数値にならない
こちらは試行回数の問題な気もしますが、いまいち公式にある精霊Lv×20と綺麗に一致する部分がない様に見えますね。
試行回数が少ないので数をこなすと平均値が増加分に近くなるのかあるいはほかに考慮すべき点があるかは今のところ不明です。


うーん、軽い気持ちで調べましたが今回の調査では計算式はちょっと見えてこなかったですね。
もっと試行回数を増やすのと最大SPを変化したパターンの増加が必要そうですね。
思った以上に時間がかかる調査なのでまた不意のお休みの時にでも再調査したいところです。
上記についてご指摘や他に情報等ありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/7:状況が読めないですが、明日はひょっとしたらブログ更新できないかもです。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。