FC2ブログ

古代龍と精霊王の宝冠の主観比較【20190317】

イベントで+10古代龍の宝冠がレンタルできたので、主観まみれですが精霊王の宝冠と比較してみようかと思います。
原則、私個人の考えによるものとなります。
恣意的な内容になっていると思われるため、その点はご了承ください。
後は言いたいこととしては

・どちらも場面によって有利不利が分かれる
・比較的、導入しやすそうなのは古代龍の宝冠

の当たり前な2点だけとなります。
とりあえずカタログスペック+αで比較表を作ってみました。
個人的な注目ポイントは色塗りしている箇所です。
またサイキックウェーブは『PW』、アースグレイヴは『EG』、ダイヤモンドダストは『DD』、ヴェラチュールスピアは『VS』の略称を使用しています。

〇古代龍の宝冠と精霊王の宝冠の比較
項目古代龍の宝冠精霊王の宝冠
PWDD、EG、VS
ディレイカット※下記のエンチャント参照-10%~-20%(+9時)
詠唱時間0%~-10%(+1毎に-1%)習得スキル参照
固定詠唱0%0%~-70%(+1毎に-7%)
Mdef無視率0%0%、+10:100%無視
魔法攻撃で与えるダメージ0%~-10%(+1毎に+1%)0%
スキルダメージUPPWのダメージ+0%、+15%(+7時)、+30%(+9時)DD、EGのダメージ+10%、+25%(+7時)、+50%(+9時)
スキルの再使用待機時間PWの再使用待機時間-0秒、-1秒(+7時)、-2秒(?9時)習得スキル参照
ステータス補正+10:純粋なIntとDexが合計10毎にIntとDexが+1なし
状態異常耐性恐怖:0%~100%(+1毎に+10%)なし
習得スキルなしエレメンタルシンパシー:Lv1毎に詠唱時間-6%(最大Lv5)
エレメンタルシールド:Lv5の時、魔法攻撃ボスモンスター25%
ウォーマー:Lv5の時、EG、VS、DDの再使用待機時間-1秒
追加スキル+10時:ガンバンテインなし
スロット数10
エンチャント有り(下記)なし
Def1212
Mdef1515
重量6060
要求レベル130100
破損するする
装備可能職全ての職業全ての職業
ディレイカットの重要度重要度低重要度高
ASPDの重要度重要度低重要度高
対象スキルの属性無属性と精霊により火水風地(全属性に100%以上の相性)水風地(聖、闇、不死、毒で相性100%未満)
クリック回数少ない多い

〇古代龍の宝冠のエンチャント
<第3スロット>
スキルディレイ-4%、スキルディレイ-6%、完全回避+1、完全回避+2、
完全回避+3、完全回避+4、完全回避+5、Mdef+2、Mdef+4、Mdef+6
、Mdef+8、Mdef+10、Str+1、Str+2、Str+3、Agi+1、Agi+2、
Agi+3、Vit+1、Vit+2、Vit+3、Int+1、Int+2、Int+3、Dex+1、
Dex+2、Dex+3、Luk+1、Luk+2、Luk+3、ハイレベル、アルカナ
※精錬値が8以上の場合、以下がエンチャントされる場合があります。
スキルディレイ-15%

<第4スロット>
プレイヤー耐性1、プレイヤー耐性2、プレイヤー耐性3、
プレイヤー耐性4、プレイヤー耐性5、プレイヤー耐性6、
プレイヤー耐性7、プレイヤー耐性8、プレイヤー耐性9、
プレイヤー耐性10、プレイヤー耐性12

〇固定詠唱について
古代龍の宝冠は固定詠唱の減少効果がありません。
使ってみると特に精霊の再召喚がもたつく印象なので、可能であれば他の装備やサクラメント、フェンリルの呪符が欲しい印象でした。
一方精霊王の宝冠は最大-70%となるため、使いやすく感じます。

〇Mdef無視率について
古代龍の宝冠は他の装備でMdef無視を稼ぐ必要があり、この点がやや評価を下げている印象でしょうか。
他に装備したいアクセサリーがなければ魔術師のグローブ×2個辺りで補うのが手っ取り早く、比較的安価かと思います。
精霊王の宝冠も+10ならMdef100%無視ですが、+9以下はMdef無視ができません。
アクセサリーも精霊王の指輪を使うことが半ば前提の為、+9以下で運用する場合は古代龍の宝冠以上にMdef無視が辛いですね。

〇スキルダメージアップについて
古代龍の宝冠は最大でPWのダメージ+30%(+9)の効果が得られます。
再使用待機時間も+9で-2秒となるので、使用するなら+9までは頑張りたいところです。(単純計算で5秒÷3秒=1.67倍のDPS増加)
こちらは古代龍の宝冠と精霊王の宝冠どちらにも当てはまりますが、他の同スキルダメージUPとは加算関係になる点は注意ですね。
PWの場合だと精霊のマント(精錬値×3%分PWの威力UP)を装備すると、実質的には26.7%~23.1%程度の威力増加になります。
精霊王の宝冠ですと精霊王の指輪(ベースレベルが8上がる毎にDDとEGの威力1%UP)とDDに関してはアルカナ+月カード(DDの威力が精錬値により55%~70%)の効果もあります。
その辺を加味すると精霊王の宝冠+9時の50%UPも実質的には35.2%(精霊王の指輪×2、Lv168↑)~23.7%(月カード精錬値10とアルカナ込み)程度の威力増加となります。

〇ステータス補正について
古代龍の宝冠は+10限定で強力なステータス補正があります。
ただ、究極精錬でもないと目指せない領域であり、他にも叩きたい高額装備が年々増えていくと想定されるため、お財布と要相談でしょうか。

〇習得スキルについて
古代龍の宝冠はスキル習得によるボーナスがないので、スキル振りの制約がないのは大きいですね。
逆に精霊王の宝冠は特にエレメンタルシールドLv5の効果が大きい分、使う機会の少ないスキル習得を要求されるのがネックです。
この辺も古代龍の宝冠のほうが使いやすい要因になっていると思っています。

〇スロット数について
精霊王の宝冠にはスロットがないのもちょっと痛いところですね。
頭カードは状態異常カードなども充実しているので、高レベルモンスターの範囲状態異常に難が生まれることも想定されます。

〇ディレイカットとASPDの重要性について
精霊王の宝冠はそのスペックを最大限に生かそうとすると高ディレイカットと高ASPDが必要となります。
ミンストレルさんやワンダラーさんからブラギの詩がもらえる状況ならさして問題はないですが、そうでない場合はかなりの装備が要求されます。
古代龍の宝冠自体は共に大きい値は不要と思われますので、この辺も使いやすさに差が出るところかなと考えています。

〇対象スキルの属性について
DDやEG、VSだと特に聖属性Lvや闇属性Lvの高いモンスターは不得手となりがちです。
PWの場合は基本が無属性ということもあり、どの相手に対しても100%↑の属性相性で攻撃できるのは非常に使いやすい点です。

〇クリック回数について
連射する場合EGやDD、VSは連打する必要があり攻撃の合間に他の行動を挟みづらいのも辛い点でした。
PWは3秒は再使用待機時間が残るため、その間に生命力変換や他の防御スキル更新等ができるのも利点です。
ただ広いマップの雑魚モンスターを倒す場合は連射できる分、EGやDDで殲滅するほうが楽な印象です。


適当に気の向くまま記載してみましたが、どちらも一長一短な面があり非常に奥深いですね。
攻撃面に優れたソーサラーさんを目指すなら両方あるほうがいいのですが、導入時のコストや使いやすさを考えると古代龍の宝冠のほうがややお求めやすい(それでも高いですが)かしら?
冒頭でも述べた通り、私の主観が強い内容となりますのでご容赦いただければと思います。
上記についてご指摘や他に情報等ありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/7:状況が読めないですが、明日はひょっとしたらブログ更新できないかもです。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。