FC2ブログ

ランドプロテクターのメモ【20190105】

温故知新ということもありスキルの個人的なメモをまとめています。
今回はランドプロテクターに関するまとめとなります。

※スキル毎に有効なもの、無効なものがあるためそのあたりは別途まとめることを検討しています。
【スキルの基本仕様】
レベル 1 2 3 4 5
基本詠唱時間 5秒
固定詠唱時間 0秒
基本スキルディレイ 0秒
クールタイム 0秒
射程距離 術者から通常2マス、直線で3マス以内
消費SP 66 62 58 54 50
効果範囲 7*7 9*9 11*11
持続時間 120秒 165秒 210秒 255秒 300秒
消耗品
  • ブルージェムストーン1個
  • イエロージェムストーン1個
レベル調整 不可
その他
  • 効果範囲内では設置魔法等が設置できなくなる
  • 効果範囲内に設置済の魔法等がある場合、設置魔法等の除去を行う
  • 主に物理攻撃やファイアーボールのような単体指定魔法には効果がない
  • バードダンサーの協奏スキル(ニヨルドの宴など)も発動を妨害できる
  • バードダンサーの独奏スキル(ブラギの詩、サービスフォー・ユーなど)は発動を妨害できない
  • 効果範囲内ではテレポートが使用できない(※ボスモンスターは使用可能)
  • アイスウォールは設置を防ぐことはできるが、既に設置済のものは除去できない
  • 一人の術者では属性場(ボルケーノ等)と併用できず、活性状態も解除される
  • 他の術者とランドプロテクターの設置範囲が重複した場合、重複した範囲のランドプロテクターは消滅する


【スキル仕様】
・効果範囲内では設置魔法等が設置できなくなります。
セイフティウォールやニューマなどを設置できなくなるデメリットがありますが、代わりにストームガストやメテオストームなどの設置型の範囲魔法から身を守ることができます。
ただ注意点があります。
メテオストームを例に挙げると、メテオストームは落下地点に5*5の範囲にダメージを与えるスキルとなります。
以下の図のようにランドプロテクターの隣接するマスに落下した場合、ランドプロテクターの範囲内に居てもダメージを受けます。

<ランドプロテクターとメテオストームの落下地点例>
20190105_001
上記の図の黄色の位置だとランドプロテクター上ですが、メテオストームのダメージを受ける可能性があるためできるだけランドプロテクターの中心にいたほうが無難です。

余談ですがアースストレインの場合、設置を防ぐことができますが移動中のアースストレインは防御できないという特性があります。
そのためアースストレインを防ぐ場合は設置地点にあらかじめランドプロテクターを使用する必要があります。

・効果範囲内に設置済の魔法等がある場合、設置魔法等の除去を行います。
セイフティウォールやニューマもそうですが、敵が使用したストームガストなどもランドプロテクターの範囲内についてはランドプロテクターの設置に伴い消滅します。
原則的には魔法関連のスキルに有効で、ハンター系の罠など除去できないものも色々あります。

・主に物理攻撃やファイアーボールのような単体指定魔法には効果がありません。
例外も色々ありますが、概ね物理攻撃や単体指定魔法にはランドプロテクターの効果は出ないことが多いです。
ソーサラーとして気を付けたい例外としてはスパイダーウェブとヴェラチュールスピアが挙げられます。
両者ともに単体指定ですが、実際は設置魔法(あるいはその性質に近い)のためか、ランドプロテクター上の敵を拘束したりダメージを与えたりすることができません。

・バードダンサーの協奏スキル(ニヨルドの宴など)も発動を妨害できます。
・バードダンサーの独奏スキル(ブラギの詩、サービスフォー・ユーなど)は発動を妨害できません。
ニヨルドの宴のようなバードとダンサーのペアで発動できる演奏スキルは発動できなくなるようです。
逆にブラギの詩やサービスフォー・ユーのような個々の演奏スキルは問題なく使用できます。
協奏と独奏で各々違いがあるので、その点は注意が必要ですね。
狩りとしては独奏が主と思いますのでそれほど注意は必要ないかもですが。

・効果範囲内ではテレポートが使用できません。(※ボスモンスターは使用可能)
効果範囲内ではテレポートが使用できなくなります。
ハエの羽や蝶の羽は使用可能です。
緊急時にテレポートで逃げようとしてもランドプロテクターから出ないと逃げられないため、ハエの羽を常備しておいた方が安全かもです。

なお、実装初期はボスモンスターのテレポートも妨害できたようですが、現在は不可能となります。

・アイスウォールは設置を防ぐことはできますが、既に設置済のものは除去できません。
ランドプロテクターを先に設置した場合、後からアイスウォールをランドプロテクターの範囲内に設置はできません。
逆にアイスウォールが既に設置済の範囲にランドプロテクターを設置した場合はアイスウォールが残ります。
その場合、アイスウォールが消えたセルにはランドプロテクターが存在しない状態となります。

<アイスウォール設置中にランドプロテクターを使用>
20190105_002
<アイスウォールが消えた後の状態>
20190105_003
・一人の術者では属性場(ボルケーノ等)と併用できず、活性状態も解除されます。
この性質があるためランドプロテクターを使用後に属性場スキル(ボルケーノ、デリュージ、バイオレントゲイル)を使用するとランドプロテクターが消滅します。
逆も同様で、属性場スキル使用後にランドプロテクターを使用すると属性場スキルは消滅します。
合わせて活性状態(属性場スキルの持続時間で、イエロージェムストーンなしで属性場スキルを使用できる状態)も解除される点は注意が必要となります。
この性質を利用することで活性状態をリセットするという使い方もできます。
(活性状態の持続時間が終了すると属性場も消えてしまうため、それを防ぐ目的でリセットに利用できます)

・他の術者とランドプロテクターの設置範囲が重複した場合、重複した範囲のランドプロテクターは消滅します。
術者Aと術者Bがランドプロテクターを使用した場合、以下の図のように重複した範囲のランドプロテクターが消滅します。

<術者Aが設置したランドプロテクターに術者Bがランドプロテクターを重ねるように設置>
20190105_004
<術者Bがランドプロテクターを設置した後の状態>
20190105_005
この状況はプレイヤーとモンスターおよび、プレイヤー同士でも発生します。
イベントなどでは複数のプレイヤーがランドプロテクターを使用することもあるため、この状況を想定し同じ場所に2回以上ランドプロテクターを設置すると綺麗に再設置可能です。

<術者Bが2回同じ場所にランドプロテクターを設置した後の状態>
20190105_006
同じ場所に設置しないとランドプロテクターに隙間ができる為、注意が必要となります。


【小ネタ、小技など】
・ウォーマーのように効果範囲内の一部でもランドプロテクターを後から設置されると、全体が消滅するスキルもあります。
以下の図のようにウォーマー設置後に、ウォーマの効果範囲と重なるようにランドプロテクターを設置するとウォーマーが消滅します。

<設置例>
20190105_007
ウォーマーを後から設置(ランドプロテクターの範囲内に設置位置があるとウォーマーが不発するので注意)した場合は消滅するということもないので、併用する場合はランドプロテクターから先に使用するようにしましょう。

・ランドプロテクターを使用するモンスターの中には、モンスターを中心とした5*5マス以内にランドプロテクターがあると再使用しないようです。
イフリートやセリア=アルデ(転生二次職)(オーラ)で上記のような性質を確認しています。
ランドプロテクターは自分が設置したものでも相手が設置したものでも関係ないようです。
全てに当てはまるかは断言しかねますが、こういう性質をもったモンスターがいることは頭の片隅に入れておくと役に立つこともあるかもです。

・1セルファイアーウォールに利用できます。
通常ランドプロテクターにファイアーウォールを設置してもSPを消費するだけになります。
しかし以下の図のようにファイアーウォールを設置すると、ランドプロテクターからはみ出た範囲にはファイアーウォールが出現します。

<ランドプロテクター上のファイアーウォール設置例設置>
20190105_008
出現位置の決まっているメモリアルダンジョンのボスなどで暴走した魔力の発動を狙いたいときなどに利用したりします。
また、魔法大会で一般モンスター向けに使っている手はこちらの記事をご参照ください。

射程距離が短いボスなどではランドプロテクターの射程距離の短さもあり、低レベルのランドプロテクターも選択肢に入ります。
ただ、玄人向けな点はご注意ください。

・障害物の位置の特定にも便利です。
新しいMAPの移動可能なセル調査や障害物のあるセルの調査にも利用できたりします。

・モンスターの使用するクァグマイアやニューマ、セイフティウォール等の除去にも利用します。
モンスターの使用する設置スキルを消滅させる目的でも使用できますね。
ただクァグマイアなどは稀に除去できない事もあるため、利用する場合は念頭に置いておく方が良いかもしれません。

またストームガストやロードオブヴァーミリオンのように持続時間が長めの魔法の場合、発動を見てから使用してもある程度の効果は見込める為、あきらめずに設置するようにしたほうが良いでしょう。

話は少しそれますが、コメットのようにピンポイントで防御したいスキルがある場合は発動前にランドプロテクター→防御成功後に属性場スキルで解除と言ったテクニカルな防御も可能です。


前述の通り有効なスキル、無効なスキルについては少し時間をかけて個別にまとめたいと思います。
色々と応用が利くスキルなので書き忘れていることもありそうな気がしますね・・・。
このスキルの使い方でもプレイヤーのセンスが問われるので私も頑張って練習したいところです。
上記についてご指摘や他の情報等ありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/7:状況が読めないですが、明日はひょっとしたらブログ更新できないかもです。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。