FC2ブログ

ファイアーボルト、コールドボルト、ライトニングボルトのメモ【20180812】

温故知新ということもありスキルの個人的なメモをまとめています。
今回はファイアーボルト、コールドボルト、ライトニングボルトに関するまとめとなります。
【スキルの基本仕様】
レベル 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
スキル倍率 100%
ダメージ倍率 100%×スキルLv
属性
  • ファイアーボルト:火
  • ライトニングボルト:風
  • コールドボルト:水
基本詠唱時間 0.42秒 0.84秒 1.26秒 1.68秒 2.10秒 2.52秒 2.94秒 3.36秒 3.78秒 4.20秒
固定詠唱時間 0秒
基本スキルディレイ 1.0秒 1.2秒 1.4秒 1.6秒 1.8秒 2.0秒 2.2秒 2.4秒 2.6秒 2.8秒
クールタイム 0秒
消費SP 12 14 16 18 20 22 24 26 28 30
レベル調整
その他
  • 使用したボルトに応じた属性で魔法攻撃ができる
  • ダメージはボルトLv1(Matkに対し100%)を基準にLv倍の威力となる
  • 内部的にはどのレベルでも1Hitと扱われる
  • 詠唱時間0秒ディレイカットが十分ある場合、Aspdに応じて連射することが可能


【スキル仕様】
・使用するボルトに応じた属性で魔法攻撃が可能です。
基本的にはボルトを使用して倒したい相手の属性に応じて、スキル習得と使用を行う必要があります。
1種習得する場合は、その時々の流行狩場や使いたい相手を考慮して習得スキルを選ぶとよいかと。
また2種習得する場合はファイアーボルト(火属性)+ライトニングボルト(風属性)の組み合わせであれば、火水風地属性に属性相性100%以上で戦える点は押さえておきたいポイントです。

・ダメージはボルトLv1(Matkに対し100%)を基準にLv倍の威力となります。
簡単に説明すると、ボルトLv1のダメージが120とした場合、

 ボルトLv5のダメージ=120 × 5(スキルレベル)=600
 ボルトLv9のダメージ=120 × 9(スキルレベル)=1,080

となります。

・スキルレベルが上がる毎にHit数が増えるように見えますが、実際はどのレベルでも1Hitとして扱われます。
20180812_001 ボルトLv10の場合、10Hitしているかのように見えますが実際は1Hitとして扱われています。
そのため例としてレックスエーテルナ(次に受けるダメージが2倍になる)と組み合わせた場合、ボルトLv1のダメージが120とすると

 ボルトLv5のダメージ=120 × 5 × 2(レックスエーテルナ)=1,200
 ボルトLv9のダメージ=120 × 9 × 2(レックスエーテルナ)=2,160

となります。
暴走した魔力等を発動させる場合も1回1Hit扱いになる点は留意しておきましょう。
また、草系モンスターに対してはLv1なら1ダメージ、Lv5なら5ダメージとなるのでディレイカットが十分なら草刈りにもやや向くスキルとなります。

・詠唱時間0秒ディレイカットが十分ある場合、Aspdに応じて連射することが可能です。
ディレイカットはAspd193ボルトLv10の場合、理論値で95%↑のディレイカットが必要となるため敷居が高めですが、クリアできればAspdで連射可能なスキルとなります。
ソーサラーはクールタイム等の影響でAspdで連射できる攻撃スキルが少ないため、ボルトを極めるのも一つの手になるかもしれません。

【小ネタ、小技など】
・ダブルキャスティングやスペルフィストと組み合わせて使用するスキルでもあります。
この辺は前に記事にしていますので

スペルフィストは『こちら』をご参照ください。
ダブルキャスティングは『こちら』をご参照ください。
スペルフィストとダブルキャスティングの比較は『こちら』をご参照ください。


・減算Mdefの影響がやや大きいスキルとなります。
Lv100のウォーロックでライトニングボルトLv10とチェーンライトニングLv1(1Hit目)のダメージを「ROラトリオ」避難所さんで比較するとわかりやすいかと。
減算Mdef0の相手であれば両方とも同じダメージになりますが、減算Mdefがある相手だとチェーンライトニングのほうがダメージが上になります。
端数処理や属性相性の計算などもあるので、一概には言えませんがライトニングボルトLv10とチェーンライトニングLv1(1Hit)のダメージが、減算Mdef0の相手に3,000ダメージだとした場合、

 例1.減算Mdef10の相手の時
 ライトニングボルト =(300 - 10(減算Mdef)) × 10 = 2,900
 チェーンライトニング=(3,000 - 10(減算Mdef))= 2,990

 例2.減算Mdef100の相手の時
 ライトニングボルト =(300 - 100(減算Mdef)) × 10 = 2,000
 チェーンライトニング=(3,000 - 100(減算Mdef))= 2,900

というような計算になるのが理由となります。
最も現状の火力の場合は上記の差はそこまで気にするレベルでもないことが大半ですが。

・スキルそのものを増強する装備やカードがいくつか存在します。
漏れがありそうですが、調べたものを記載しておくと

<頭上段>
燃える太陽(ファイアーボルト+5%)

<頭中段>
イフリートの耳(ファイアーボルト+2%)

<武器>
スタッフオブパフィ(精錬値が1上がる度に+3%)
炎神の系譜(ファイアーボルト+5%、精錬値が1上がる毎に追加でファイアーボルト+1%)
氷神の系譜(コールドボルト+5%、精錬値が1上がる毎に追加でコールドボルト+1%)
雷神の系譜(ライトニングボルト+5%、精錬値が1上がる毎に追加でライトニングボルト+1%)
冷気の魔法書(精錬値が1上がる毎に追加でコールドボルト+3%)

<靴>
エレメンタルブーツ(+3%と精錬値が6以上の時、精錬値が1上がる度に追加で+1%)
エルヴィラブーツ(精錬値が1上がる度に追加でライトニングボルト+3%)
マッターキメラカード(精錬値が1上がる度に追加で+7%)

<アクセサリー>
マジカルリング(BaseLvが5上がる度に+1%)
インプカード(ファイアーボルト+25%)
シロマカード(コールドボルト+25%)
エルヴィラカード(ライトニングボルト+25%)

<セット>
マジシャンセット(+10%)
バニルミルトの帽子+浮遊する賢者の石(+50%)

このうち、スタッフオブパフィとインプカード、シロマカード、エルヴィラカードはセット効果で固定詠唱+10秒が付くので注意しましょう。
(スペルフィストを使用する分には利点になります)


間接的にスペルフィストやダブルキャスティングで説明していた部分も多かったので、あまり書くことがなかったですね。
ディレイカット装備でダブルキャスティングボルトを試してみたいところですが、当分はまだまだ先の話となりそうです。
上記について他に情報やご指摘等がありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

10/14:リンクを1件追加しました。
紹介記事は10/22更新予定です。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。