FC2ブログ

スペルフィストとDCボルトの比較【20180805】

以前もダブルキャスティングの時に同じような表を作りましたが、今回のスペルフィストの検証結果を含め表を作り直してみました。
スペルフィストの記事は文字ばかりになってしまったのもあり、細かい内容は省いていますが、こちらの方がやや見やすいかもしれません。
続きから閲覧をお願いいたします。
【スペルフィストとダブルキャスティングの比較表】
検討項目 スペルフィスト ダブルキャスティング
近距離武器 遠距離武器
威力 ボルトLv10の約1.5倍 ボルトLv10の約1.5倍 ボルトLv10の約1.2~1.6倍※1
射程距離 1~2マス 1~6マス 10マス
ディレイカット 原則不要 原則不要 必須
ASPD 重要 重要 重要
操作 やや複雑 やや複雑 やや単純
消費SP 低い 低い 高い
精神衝動 不具合有※2 不具合有※2 影響有
スローキャスト 対策不要 対策不要 対策要
マジックミラー 反射なし 反射なし 反射有り
アンチマジック ダメージ増加 ダメージ増加 ダメージ減少
ストーンスキン ダメージ減少 ダメージ減少 ダメージ増加
リフレクトシールド 反射有り 反射なし 反射なし
オートガード ガード有り ガード有り ガードなし
ディフェンダー 影響なし ダメージ減少 影響なし
セイフティウォール ガード有り 影響なし 影響なし
ニューマ 影響なし ガード有り 影響なし
ウォールオブフォグ 影響なし ダメージ軽減 スキル不発有り/ダメージ軽減
ゼファー 不発なし 不発なし スキル不発有り
ダブルアタック 有効 有効
三段掌 無効 無効
攻撃時の装備効果※3 近距離物理攻撃時に発動可能なもの 遠距離物理攻撃時に発動可能なもの 魔法攻撃時に発動可能なもの
オートスペル(スキル) 発動可能 発動可能 発動不可
オートスペル(精霊)※4 発動可能 発動不可 発動不可


※1 以前に私が実測した時の値となり、プレイヤーによって異なる結果になる可能性が高いです。
※2 2018/8/5に検証しています。
   精神衝動中にスペルフィストを使用すると、以降スキルが使用できない状態となり、リログ等をする必要があります。
※3 時空エンチャントで有名な『暴走した魔力』や『光速』なども同じです。
   スペルフィストであれば『光速』は発動できますが、『暴走した魔力』は発動できません。
※4 精霊Lv3のパッシブモード時の効果、『物理攻撃時に一定確率でボルト系魔法が発動する』のことを指します。


細かい仕様などは掲載していませんが、要点については上記の表である程度見やすくなっているかしら?
色々と奥深いスキルなので、また疑問点などが出たら追加検証し、必要によって前回の記事と当記事も更新したいと思います。

上記について他に情報やご指摘等ありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

コメント

No title

検証&まとめおつかれさまです!
下の記事と合わせて見させていただきましたー

こうして見ると、何れもそれなりにデメリットがありますね。
遠距離武器といえば、固定詠唱&長射程のパフィ杖は
イーブルソロ戦で結構使えるんじゃないかなーと考えてるので、近々試してみたいです。

Re: No title

> あるとんさん
ありがとうございます。

仰る通り、いずれにもデメリットが存在していますね。
モンスターに合わせて使い分けをしていく必要があるようです。

スタッフオブパフィでのイーブル戦で良い成果が出たらぜひとも教えてください。

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

10/14:リンクを1件追加しました。
紹介記事は10/22更新予定です。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。