スペルフィストのメモ【20200208】

温故知新ということもありスキルの個人的なメモをまとめています。
今回はスペルフィストに関するまとめとなります。

【更新履歴】
2018/9/1:バフォメットカードについての記載を追記。
2020/2/8:レベル上限解放時(2020/1/28実装)のスキルレベル拡張に伴い、全体的に見直し
【スキルの基本仕様】
レベル 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
スキル倍率 ボルトLv1のダメージ×(キャンセルしたボルトLv+スペルフィストLvの追加分)
属性
  • ファイアーボルト時:火
  • ライトニングボルト時:風
  • コールドボルト時:水
基本詠唱時間 0秒
固定詠唱時間 0秒
基本スキルディレイ 1秒
クールタイム 0秒
消費SP 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76
持続時間 20秒 25秒 30秒 35秒 40秒 45秒 50秒 55秒 60秒 65秒
打撃回数 2回 3回 4回 5回 6回 10回 15回 20回 25回 30回
追加の威力 1倍 2倍 3倍 4倍 5倍 8倍 11倍 14倍 17倍 20倍
レベル調整 不可(使用時、ショートカットに設定時は可能)
その他
  • 上記3種のボルト系魔法を詠唱中にスペルフィストが使用可能になる
  • スペルフィスト使用に成功した場合、スキル名が頭上に現れ詠唱中のボルトはキャンセルされる
  • 詠唱中のボルトは即座にキャンセルできず、Aspdに応じた待機時間(Aspdが高いほど短くなる)の経過も必要になる
  • 持続時間中に通常攻撃を行うとスペルフィストレベルに応じた回数分、スペルフィストで計算したダメージを敵に与えることができる
  • スペルフィストでのダメージの計算式は魔法攻撃として計算する(=キャンセルしたボルトLv1のダメージが基準になる)
  • スペルフィストでの攻撃は装備している武器により、近接物理攻撃または遠距離物理攻撃になる
  • スペルフィストでの攻撃は必中
  • スペルフィストでの攻撃は武器によるサイズ補正を受けない(ダメージ計算は魔法攻撃として行うため)
  • スペルフィストでの攻撃は物理攻撃扱いとなるため、オートガードやリフレクトシールドの反射対象等になる
  • スペルフィスト中に他のスキルを使用すると、スペルフィストの効果が解除される
  • スペルフィスト中にオートスペルなどが発動した場合は、スペルフィストの効果は解除されない
  • バフォメットカード効果の範囲攻撃部分にスペルフィストは適用されない(2018/9/1追記、コメントありがとうございます)


【スキル仕様】
・ファイアーボルト、ライトニングボルト、コールドボルトの詠唱中に使用可能です。
スペルフィストの使用に成功した場合、詠唱中のボルトはキャンセルされます。
その代わりに通常攻撃がスペルフィストの計算に応じたダメージを与えることが可能になります。
他のスキル詠唱中の場合はスペルフィストの使用はできません。
また以下の手順で使用するスキルとなります。

 <スペルフィスト使用手順>
 1.ボルト系のスキルを詠唱開始します。
 2.詠唱中にスペルフィストを使用します。
  使用に成功すると詠唱中のボルトはキャンセルされます。
 3.持続時間中に通常攻撃を行います。
  スキルレベルに応じた回数分はスペルフィストのダメージで攻撃できます。
 4.回数分攻撃したり持続時間が切れたり、他のスキルを使用した場合は1に戻ります。

20180805_001
・詠唱中のボルトは即座にキャンセルできず、Aspdに応じた待機時間(Aspdが高いほど短くなる)の経過も必要になります。
詠唱中はフリーキャストの習得Lvに応じてAspdが下がる点も注意が必要です。
大まかな概要図ですが、以下のようにAspdが高いほどスペルフィスト発動可能な時間が増えます。
また、あまりにAspdが低くボルトの詠唱が速い場合はそもそも発動できないことも理論上は想定されます。

20180805_002
体感ではAspdでの通常攻撃1回分の時間かそれよりはやや少ない時間が経過すると、スペルフィストが使用可能になりそうでした。

・ダメージの計算式はキャンセルしたボルトLv1のダメージを元に計算されます。
上記の計算式で例を挙げると以下となります。

 例1.コールドボルトLv10、スペルフィストLv5の場合
  スペルフィストのダメージ= コールドボルトLv1のダメージ × ( 10 + 5 )=
  コールドボルトLv1ダメージの15倍

 例2.ファイアーボルトLv6、スペルフィストLv4の場合
  スペルフィストのダメージ= ファイアーボルトLv1のダメージ × ( 6 + 4 )=
  ファイアーボルトLv1ダメージの10倍(=ファイアーボルトLv10のダメージ)

 例3.ファイアーボルトLv10、スペルフィストLv10の場合
  スペルフィストのダメージ= ファイアーボルトLv1のダメージ × ( 10 + 20 )=
  ファイアーボルトLv1ダメージの30倍

細かい点は省きますが、ボルト系スキル同様に減算Mdefの影響を大きく受けます。
端的に言うとボルトLv10・スペルフィストLv5の場合、減算Mdefは通常のスキルと比較し15倍に相当します。
近年は火力が高まり減算Mdefも言うほど高いモンスターはいないため、気にするほど影響は無いと思われます。
ただ、確殺調整時にやや大きな差となることがあります。

・攻撃そのものは通常攻撃扱いとなります。
物理攻撃として判定されるためストーンスキンでダメージが減少したり、オートガードなどで防がれる、リフレクトシールドでダメージを反射されたりします。
逆にマジックミラーは反射されずに攻撃可能で、アンチマジックではダメージが増加します。
また時空エンチャントの『光速』なども発動しますが、逆に『暴走した魔力』は発動できません。

・持っている武器によって近接物理攻撃か遠距離物理攻撃かが異なります。
ミラージュシリーズやイベントで実装されたスタッフオブパフィのような武器であれば、遠距離物理攻撃として扱われます。
射程距離が短い武器の場合、セイフティウォールで防がれニューマの影響は受けません。
射程距離が長い武器の場合、ニューマで防がれセイフティウォールの影響は受けません。

ウォールオブフォグについてはニューマと同様となります。

・スペルフィスト使用中に他のスキルを使用した場合、スペルフィストの効果が解除されます。
緊急時を除き、他のスキルを使用しないようにしましょう。

・スペルフィスト中にオートスペルなどが発動した場合は効果が解除されません。
装備品やカードの『物理攻撃時、一定確率で<スキル名>発動』などの効果が出た場合は解除されません。
またスキル『オートスペル』でも同様です。
ただしスキルによってはディレイが発生することもあり、次のスペルフィスト使用の妨げになるケースもあります。

・バフォメットカード効果の範囲攻撃にはスペルフィストの効果はありません。(コメントでの情報ありがとうございます)
バフォメットカードは通常攻撃を範囲攻撃にする効果がありますが、範囲攻撃となった箇所にスペルフィストの計算式は適用されないようです。
ヴァルキリーサークレットのセット効果も同様と思われます。


【小ネタ、小技など】
・ベントスLv3のディフェンシブモード『ゼファー』の影響下でも必中となるようです。
武器が遠距離用のものでも、スペルフィスト中は不発とかはしないようです。
20180805_005

・ダメージの計算は『殴った瞬間』の装備やステータスを元に計算します。
そのため手間はかかりますが、スタッフオブパフィで固定詠唱付きのボルトを使用してスペルフィストを使用後に武器を持ち替えて攻撃するというのも一つの手となります。

・暴走した魔力との併用する場合、事前に発動させたりファイアーウォールやクラウドキルのような設置魔法を利用することで実現可能となります。
一つ上の記載とも関連しますが、スペルフィストを仕込んだ後にクラウドキルやファイアーウォールで暴走した魔力を発動させて攻撃すれば、暴走した魔力状態の威力で攻撃可能です。
ただしスペルフィストでは暴走した魔力の追加発動は望めません。
また、暴走した魔力で無詠唱になってしまうとスペルフィストそのものが使用不可となるので注意が必要です。

・ダブルアタックで威力が増加します。
有名な話ですが一応。
ダブルアタックは通常攻撃の威力を増加する仕様のようで、サイドワインダーカード等でダブルアタックが発動した場合、スペルフィストのダメージが2倍となります。

20180805_004
逆に三段掌はスキル攻撃扱いのようで、こちらはスペルフィスト中でもAtkに基づいて計算したダメージとなります。

・射程の長い武器だと近接物理攻撃時のみ発動する装備やカードの恩恵を受けれません。
スカイデリーターカード(近接物理攻撃でモンスターを倒した時、HP100回復)などのように、『近接物理攻撃』限定で効果を発揮する装備やカードがあります。
スペルフィストでも普通の杖であれば効果を発揮しますが、ミラージュシリーズやスタッフオブパフィのように長射程の武器だと発動しなくなる点は注意が必要です。
余談ですが遠距離攻撃の場合は物理攻撃が命中した時、一定確率で発動するスキル等の発動率が近接物理攻撃の半分程度になることもありますので、その点も留意しておいた方が良いかと思われます。

・フリーキャストの習得レベルについて。
フリーキャストの習得レベルはいくつが良いか、という話が良く上がりますが個人的にはWiki同様Lv10をお勧めします。
以下はフリーキャストのレベルを変化させながら変なヒドラを倒すまでの時間を計測したものとなります。
変なヒドラはHP1000で1ダメージ固定のためスペルフィストLv5の場合は167セットで倒せます。
なお私の腕では概ね6回で攻撃が止めれず大体は7回攻撃しています。
(武器に水属性を付与しているため、スペルフィスト以外ではダメージなし)

<フリーキャストレベルごとの変なヒドラ撃破時間実測>
フリーキャストLv 通常のASPD 詠唱時ASPD 撃破時間(秒) Lv10との撃破時間比較
4 193 135 382 1.41
7 193 164 335 1.24
9 193 183 297 1.1
10 193 193 271 1


あくまで私の実測なのでうまい人だとまた結果が変わってくるかと思います。
私の場合はそれぞれで差が出ており、フリーキャストLv9でもLv10と比較しおよそ1.1倍時間がかかるようです。
フリーキャストLv4(前提のみ)だと1.4倍以上時間がかかっており、主火力として使うならやはりLv10推奨ですね。

※2020/2/8追記
上記はスキルレベルの上限が5までの時代の話となります。
スキルレベル10の場合は単純計算でチャージに掛かる時間が従来のLv5のおよそ1/5となる計算となり、以前よりは影響がやや少なくなってはいると想定されます。
その辺も考慮したうえで、フリーキャストレベルの調整を行ったほうが良いかもしれません。



・精神衝撃でスキル使用不可になる不具合があります。
あるとんさんのブログ『まるるまる』さんで紹介されていますが、ハウリングオブマンドラゴラでかかる状態異常『精神衝撃』(ほぼすべてのスキルに固定詠唱追加)時にスペルフィストを使用すると、以降スキルが使用できなくなる不具合があるようです。
(2018/7/29時点)

対応されるまでは、精神衝撃時にスペルフィストを使用しないように注意が必要ですね。


上記は仕様的な話なので、実運用等についてはスペルフィストメインのソーサラーさんのブログなどを見るほうが良いかと。
ちょうど私のリンクのブログ『まるるまる』さんが非常に秀逸かと思われます。
上記について他に情報やご指摘等ありましたらご連絡いただけると幸いです。

コメント

No title

先日はどうも、コメントありがとうございました。よろしければ相互リンクしませんか!

Re: No title

> 障子にめあり~さん
コメントありがとうございます。
リンクの件、了解いたしました。
しがないブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。

バフォc

すごい、SFについてここまで詳しい資料は初めて見ました。参考になります。

有名な話ですがFAQなので、バフォcではSFは範囲攻撃にならないことも追記しておくといいかもしれないです。

Re: バフォc

> ぼとむさん
コメントおよびバフォメットカードの情報ありがとうございます。
遅くなりましたが、追記させていただきました。
他に気になる点などがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。
非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

4/12:昨夜の記事に精霊がアイスブレスに当たらないことを記載し忘れていたので追記しました。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。