FC2ブログ

Y.S.F.0.1セイレンと私(大魔法ソーサラー)【20180611】

連続EQは流石にきつかったのでイグドラシルの実を持ち出して何とか勝利。
前回までの記事で概ね戦術は出していますがまとめとして続きに記載します。
【ステータス(Job補正なし、lv172/60)】
Str:1
Agi:90
Vit:90
Int:120
Dex:120
Luk:1

【装備】
頭:+8ダークハンド(ガイアスカード、超越者)
頭:グラス(ミストレスカード)
頭:暴徒のスカーフ
服:+9覚醒ローブ(バースリーカード、暴走した魔力)
  +7超越者のローブ(ゴーストリングカード)
武:+7ディーヴァワンド(中型魔法60%、ザクダムカード)
  +4ディーヴァワンド(大型魔法50%、グレイヴミミックカード)
  +7運命の書(ルナティックカード)
盾:+7金剛石の盾(名誉のニーヴ<幸運>永劫のニーヴ<火>傷のニーヴ<人>)
靴:+7金剛石の靴(名誉のニーヴ<幸運>永劫のニーヴ<火>死のニーヴ<魔防>グリーンペロスカード)
肩:+7フェアリークロース(MaxHP5、ジャックカード)
ア:栄光の証(名誉のニーヴ<幸運>安息のニーヴ<体力>死のニーヴ<体力>ヨーヨーカード)
ア:強運のグローブ(ヨーヨーカード)

【消耗品】
イグドラシルの実:8個
速度増加ポーション(UP):8個
HP増加ポーション(大):4個
フェンリルの呪符:5個
レジストファイアポーション:2個
イエローウィッシュポイント:24個
インディゴポイント:24個
スカーレットポイント:66個
3%回復剤:180個
ジェムストーンは不明・・・

上記装備とHP増加ポーションで最大HP59518となります。
また、最終的に耐える段階では人耐性50%、火属性耐性150%、完全回避95、Def919、Mdef65~75にエナジーコートとなります。
・・・完全に防御特化ですね。
また、獄炎呪はLvが低めという噂(話によるとLv2で火属性耐性-40%程度とか)であり、上記装備でなら永久霜に頼らずとも十分、耐性を確保できるようです。
また獄炎呪は継続ダメージもありますがリーチエンドなどのようにダメージを受けた時に凍結等を解除するため、時には+に働くこともあります。

【戦術など】
一応用語として以下を定義します。

『分裂体(強)』
1分後くらいにY.S.F.0.1セイレン足元から出現するMHP7.5mの分裂体を指します。
一般モンスターでありますがスパイラルピアースやスピアブーメラン、HPが減るとアースクエイクの他、フロストノヴァやメテオストームも使用する個体です。
倒してもすぐに復活するため基本は放置します。
また、ステータスは低いらしくバキュームエクストリームで10秒程度拘束できるほか、凍結などの状態異常も有効です。
ただし、マックスペインも使用するため、バキュームエクストリームを使用するときは注意が必要です。

『分裂体(弱)』
Y.S.F.0.1セイレンの残HPが5m前後の時に現れるMHP100k程度の分裂体を指します。
強力な攻撃やマックスペイン等もない代わりにDefが0相当に低下するプロボックを使用してきます。


1.装置を破壊するまで。
開始後にY.S.F.0.1セイレンにダメージを与えると四隅の装置(MHP5M、中型、無形種族、属性レベル4、除算MDef100、除算Def100)が稼働します。
まずはそれを全て撃破します。
20180611_001

20180611_002
途中で分裂体(強)が出現しますが出現しますが、かまわずに装置をすべて破壊しています。
分裂体(強)が近づいた場合はバキュームエクストリームで拘束して逃げれば大丈夫です。
Y.S.F.0.1セイレンの場合は速度強化ポーションかベントスLv1のディフェンシブモードで逃げます。

また前回記載した通り、水属性の装置もボルケーノ+1セルファイアーウォールで暴走した魔力の発動を狙います。
20180611_003

2.CUTIE撃破まで
分裂体(強)を隅におびき寄せバキュームエクストリームで拘束します。
20180611_004

そのあと、Y.S.F.0.1セイレンを反対側におびき寄せ戦闘を開始します。
20180611_005

基本的にはウォーマーを使用しながらアグニLv2のパッシブモード(ウォーマー回復力強化+火属性サイキックウェーブ)で攻撃します。
Y.S.F.0.1セイレンのギミックが使用する広範囲イグニッションブレイクは火属性らしく、アグニかアクアでもないと耐えれないようです。
またウォールオブフォグを使ってスパイラルピアースの不発を狙います。
以下の配置の場合、ソーサラーの南側1セルまたは北側1セルに設置すると位置の調整が楽だと思います。
20180611_006

ただし、ウォールオブフォグで不発は狙えてもダメージの軽減はできないため注意してください。

Y.S.F.0.1セイレンのHPが10mくらいになると、セリフとともにプレイヤーの足元にCUTIEが出現します。
一旦Y.S.F.0.1セイレンや分裂体(強)を撒いてCUTIEを撃破します。
20180611_007

大して強くはないですがHPが減ると逃走したり、5秒程度の詠唱とともにアースクエイクを使用してきます。
逃走は無視してても大して影響はないですが、アースクエイク時はしっかり念属性鎧に着替えましょう。
20180611_008

20180611_009
また、ドラゴンフィアー時の混乱も注意が必要です。
その他ですとCUTIEは闇属性Lv2なので属性付きサイキックウェーブだと威力が下がる点は注意でしょうか。


3.Y.S.F.0.1セイレン撃破まで
先ほどと同じ手順でY.S.F.0.1セイレンを分裂体(強)の反対側におびき寄せ交戦を開始します。
HPが6Mあたりから分裂体(弱)が複数体、出現と消滅を繰り返すようになります。
20180611_010

この分裂体(弱)が使用するプロボックが凶悪です。
スパイラルピアースを例に挙げるとプロボック前が1500~2000前後×5Hitくらいのダメージだったのが、プロボック後だと4500~6000前後×5Hitの威力となります。
20180611_011

10連続スピアブーメランも単発1500~2000前後→4500~6000前後に跳ね上がり、まともに食らうと非常に痛いです。
幸い、スピアブーメランは近距離のおかげかセイフティウォールで防げます。
スピアブーメラン中は攻撃の手を止め、セイフティウォールの維持に努めたほうが無難だと思います。

さらにHPが減るとアースクエイクを使用してきます。
恐らくクールタイム50秒、詠唱5秒のようで最短で55秒周期で使用してくるようです。
20180611_012

アースクエイク使用開始から撃破までの交戦時間が運命の書装備で5~6分前後と試算していたので、イグドラシルの実を14個用意しました。
これでアースクエイクのたびにイグドラシルの実を1つ使って耐え凌ぐ作戦となります。
クリスマスの時など大量に余っているのでたまには使わないとですね。
またアグニがアースクエイクで倒れた場合、サブでアクアを召喚しています。
アクアであればイグニッションブレイク(火属性)も素手部分だけしかダメージがないようで、1発800前後のダメージでした。
分裂体(弱)に狙われない限りはアグニの穴を埋めてくれると思います。

イグドラシルの実が功を奏したのか今回は撃破まで至ることができました。
20180611_013

手強い相手でしたが、今の私にはちょうど良い相手だったのかもしれません。
しかし上記の装備がありながら思った以上に攻略に時間を費やす羽目になったので、もうちょっと精進したいところです。

コメント

No title

ノーペナでの撃破おめでとうございますっ
回復装置や分裂体の対処などすごく綺麗な戦術で、解説もわかりやすくまとめられていてとても参考になります!
SIAさんの素晴らしい研究と閃きで皿の新しい一面が見られるのでいつもとても勉強になります(๑>◡<๑)

Re: No title

>めいりんさん

ありがとうございます~。
私もめいりんさんの戦術を色々と参考にさせていただいているので、少しでもお返し出来ていれば幸いです。
挑戦関連は私もなかなか腰が重いですが、次も精進したいと思います。
非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/1:『スペルフィストのメモ【20180901】』にバフォメットカードについての記載(範囲部分にSFが乗らない)を追加しました。(コメントありがとうございます。)

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。