FC2ブログ

ダブルキャスティングのメモ【20180421】

温故知新ということもありスキルの個人的なメモをまとめています。
今回はダブルキャスティングに関するまとめとなります。

【スキルの基本仕様】
レベル12345
基本詠唱時間0秒
固定詠唱時間2秒
基本スキルディレイ0秒
クールタイム0秒
消費SP4045505560
持続時間90秒
発動率40%50%60%70%80%
レベル調整
その他
  • ファイアーボルト、コールドボルト、ライトニングボルトを使用時に確率で同スキルを1回だけ追加発動させる
  • 追加発動時はスキルモーションも2回発動する


【スキル仕様】
・固定詠唱が2秒あります。
試してみたところライオットチップのような固定詠唱減少装備でも詠唱が減らないようでした。

・1回目で止めとなった場合は、通常追加発動はしません。
同じIDのモンスターが即画面内に出現したらそちらに向かって発動するようです。

・オートスペルのボルトも発動対象となります。

【小ネタ、小技など】
・低ASPDの場合、石化や凍結状態のモンスターに追加でボルトが発動した場合、2回とも状態異常解除前の属性でダメージが計算されます。
以下にイメージ図を掲載していますが、低ASPDの場合は攻撃がHitしてから実際にダメージが入るまでの時間が長くなります。
また、凍結などが解除されるのは実際にダメージを受けてHPが減るタイミングとなります。
低ASPDなら状態異常解除前に追加分が発動→追加分も状態異常解除前でダメージ計算することになります。
これを利用すると凍結→ライトニングボルトで大ダメージを狙うことも可能です。
ただ、ASPD156程度もあると間に合わず、ASPD142なら間に合ったことを確認しているので、Agi1とかでもないと狙うのは厳しいと思われます。
20180421_001

・無詠唱無ディレイ時でもダブルキャスティングは有効なケースもあるようです。
以下は私が無詠唱無ディレイ+ライトニングボルト+ダブルキャスティング有無で変なヒドラさん撃破(=ライトニングボルト100回発動)した時の実測データとなります。
※あくまで私の実測値となりますので、ご了承ください。
〇変なヒドラ撃破時間実測値
ASPD(1)DCなし(秒)(2)DC有(秒)(3)左記(1)÷(2)
17045281.608
17045271.667
17046281.643
18032261.231
18034261.308
18032261.231
19022141.572
19021141.5
19020151.334
19319121.584
19320121.667
19319121.584


上記を見ると私のクリック速度は1秒間に4~5回位が限界のようですね。
ダブルキャスティングを使うとASPDによりばらつきがありますがASPD193だと1.6倍くらいの火力が上がるようです。
ASPD193の場合、ダブルキャスティング有だと計算上は1秒間約7~8回ボルト攻撃をしていることになります。
モーションが2回発生するため期待値の1.8倍からは落ちていますが、私の場合だとかなり有効なようです。
この辺はできれば近日中に別途ゆるくまとめたいと思います。

思っていたよりも可能性はありそうなスキルですね。
敷居は高そうですがソーサラーのDPS向上に一役買ってくれるスキルになりうる・・・かもです。
上記について他の情報等ありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/1:『スペルフィストのメモ【20180901】』にバフォメットカードについての記載(範囲部分にSFが乗らない)を追加しました。(コメントありがとうございます。)

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。