FC2ブログ

【4/1のネタ記事】2017年『深淵の王墓』のクリア率について

※本日(2018/4/1)の日付から内容をお察しいただいた上で、続きからお読みください。
ア「本日の授業は私、アリシアにて実施させていただきます。」
ア「今回は2017年末にオモ録として発表された『深淵の王墓』のクリア率、特に深層ではない『古王グローザ』のクリア率についてとなります。」
ア「まずは発表された内容を確認しましょう。」
20180401_001
クリア状況クリア率クリア回数(四捨五入)
1層クリア98.07%33,863
2層クリア94.35%32,579
3層クリア94.02%32,465
4層クリア81.90%28,280
古王グローザ撃破29.33%10,128
深層の古王グローザ撃破7.17%2,476

ア「表から読み取れることとして『古王グローザ』のクリア率は29.33%となり、総生成数34,529回中およそ10,128回撃破したことになります。」
ア「一部ではこのことをもって『古王グローザ』のクリア率が3割弱とする話もありますが、表に見えない要素も実はいくつか存在しています。」
ア「今回は一部だけですが表だけでは見えない要素について、3例ほど取り上げながら説明していきます。」

ア「一つ目は『深層の古王グローザ』と『古王グローザ』はMDの制約上どちらかしか倒せないことです。」
20180401_002
ア「上記図の赤く囲んだ部分ですが、先の話の通り『深層のグローザ』と『古王グローザ』は片方しか倒せないためMDのクリア率を考える場合は両方を足す必要があります。」
ア「また、『深層の古王グローザ』を倒せるPTであれば『古王グローザ』を倒せないということはまず考えられません。」
ア「『古王グローザ』を倒せる割合を考える場合、『深層の古王グローザ』撃破率の7.17%とクリア回数2,476回は加算するべきでしょう」
ア「これにより『古王グローザ』のクリア率は36.5%、約12,604回倒せる計算となります。」

ア「二つ目は倒せるけど倒さないという数を除外する場合についてとなります。」
ア「金策として考えた場合、早く周回できる4層目までで攻略を打ち切る人もいます。」
ア「仮にそういう人が各サーバ3人とし1日平均5回攻略したと仮定し期間のうち3/4を費やしたとすると、2回開催があったので」

 サーバ数13 × 3人 × 5回 × 21日 × 2回開催=8,190回

ア「8,190回は倒せるけどやらなかった数となります。」
ア「また『古王グローザ』は倒せるけど『深層のグローザ』の攻略に費やした結果、クリアできなかったPTもいるはずです。」
ア「仮にこの数を310回としてみましょう。」
ア「これを全体のMD生成数である34,529回から引くと26,029回となり先の『古王グローザ』のクリア率は」

 12,604回 ÷ 26,029回 = 48.42%

ア「となり約48.42%まで上昇しました。」

ア「三つ目は2回開催の前半と後半を切り分けた場合の話となります。」
ア「2017年は2回開催されており、後半はレベルキャップ開放もあったためより多くの人がクリアを達成したと考えられます。」
ア「人口減少も加味して仮に生成数は5:5とし、クリア率を10:11位に見積もると」

 ( 12,604回 × 11 ÷ 21 ) ÷ ( 26,339回 ÷ 2回 ) = 50.72%

ア「となり前半に比べ後半は試算で50.72%のクリア率となります。」

ア「上記はあくまで例となりますが、このように表から見えることは統計情報だけでありプレイヤー単位のクリア率を考える場合は様々な要素を考慮する必要があります。」
ア「今回はあえてクリア率を上昇させる例ばかり取り上げましたが、逆に下がる要素もたくさんあります。」
ア「表に見えることを鵜呑みにするのではなく、表から読み取れることは何かと自分が知りたい情報に不足や齟齬がないことは常に考慮が必要です。」
ア「また『古王グローザ』は対策すればソロやペアあたりでも十分倒せる相手です。」
ア「未クリアの方がいれば数値に惑わされず、挑戦してみることをお勧めいたします。」
ア「そろそろ時間ですが何か質問はー・・・ええとどのあたりが4/1要素かですか。」
ア「少なくとも『仮に』とつけた部分もしくは上記の例は大体それに該当しますよ。」
ア「では本日はここまでです、機会があれば次の授業にでもお会いしましょう。」


※4/1の記事なので大体内容は適当なので悪しからず。

一応、補足しておきますと言いたいこととしては、
・古王グローザのクリア率は古王グローザの撃破回数/MD生成回数の生成回数でしかないこと
・数字だけでなく数字の根拠を把握することが重要
となります。

1点目はプレイヤーが100人いたとしても99人はMDを生成せず、1人が100回生成して30回古王グローザを倒してもクリア率は30%となります
逆に100人のプレイヤーが1回だけクリアしていても、MD生成数が333回ならクリア率はやはり30%となります。
ただ、100人プレイヤーのうち何人が古王グローザを撃破したかを考える場合、同じクリア率30%でもは前者は1/100人に対し、後者は100/100人となります。

2点目は数字の根拠も重要ということですね。
例として1000人にアンケートを取って100人が良い商品900人が良くない商品と評価しても、良い商品と評価した100人のデータだけを抽出してしまえば良い商品に見えてしまいます。
このように恣意的な数字では意味がなく、客観的な数字であることも重要になってきます。

いずれも極端な例ですが表の数字を鵜呑みにするのではなく、何を意味するかは落ち着いて考えたほうが良いということですね。
当たり前と言えば当たり前ですが。

次回からはまた通常の記事になります。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

10/14:リンクを1件追加しました。
紹介記事は10/22更新予定です。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。