FC2ブログ

ウォーマーのメモ【20180217】

温故知新ということもありスキルの個人的なメモをまとめています。
今回はウォーマーに関するまとめとなります。
【スキルの基本仕様】
最大レベル5
射程9
基本詠唱時間2.2秒~3秒
固定詠唱時間1.8秒~1秒
基本スキルディレイ1秒
消費SP40~88
HP回復量3秒毎に最大HPの1%~5%
持続時間20秒~60秒
クールタイム35秒~55秒
レベル調整
効果範囲設置点を中心に7*7
その他
  • 効果範囲内の冷凍、凍結、氷結状態を解除する。※
  • 効果範囲内にいる間は冷凍、凍結、氷結状態にかからない。
  • 7*7の効果範囲内にランドプロテクターが後から設置された場合、消滅する。
  • 7*7の効果範囲内にガンバンテインが設置された場合、消滅する。
  • ヒーター(アグニLv2パッシブモード)使用中のソーサラー『のみ』HP回復量が3倍になる。
  • HP回復量は最初にウォーマーに入った時に決定される。


※不具合の影響で、モンスターの使用するテトラボルテックスで氷結に掛かった場合は解除不可の模様。

【スキル仕様】
・精霊はHP回復なし、冷凍、凍結、氷結状態の解除と予防は可能です。

・効果範囲内に後からランドプロテクターやガンバンテインを設置されると消滅します。
20180217_001
上記の図のように1セルでも後から使用したランドプロテクターやガンバンテインと効果範囲が被るとウォーマー自体が消滅します。

・ウォーマーの回復量決定は入った瞬間のウォーマーLvとヒーター有無で決まります。
 例1.ヒーター状態のソーサラーがウォーマーLv5に入った場合はHP回復量15%になります。
   ウォーマーから出るまではヒーターを解除してもHP回復量15%のままとなります。
   このため、ウォーマーを途切れないように更新し続けると高い回復量を維持できます。

 例2.ウォーマーLv1に入り、ウォーマーから出ないよう隣接するウォーマーLv5に入った場合。
   この時はLv5の効果範囲に入ってもHP回復量は1%のままとなります。
   HP回復量を増やすには一度、ウォーマーから出る必要があります。

【小ネタ、小技など】
・凍結対策に有用です。
基本的な使い方ですが、ガンバンテインやランドプロテクターの心配がなければ簡単に凍結対策ができます。
通常は実現の難しい凍結しない念鎧や聖鎧の代用品としても利用できます。

・ワイドフリーズなどを使用するモンスターを精霊抱えする場合、精霊にウォーマーを使用しましょう。
凍結した場合、水1属性に強制変更されるため本来は水属性攻撃が効かないアクアやベントスもダメージを受けるようになります。
これを防止する目的であれば精霊にウォーマーも有用です。

・ランドプロテクターが先に設置されている場合は、ウォーマーとランドプロテクターの併用可能です。
以下の図のようにランドプロテクターを先に設置し、後からウォーマーを使用した場合は併用可能となります。
20180217_001
上記の仕様を踏まえ、ランドプロテクターを更新するときは必ずランドプロテクター→ウォーマーの順で行いましょう。
(ウォーマーの切れ目ができるので、凍結対策をウォーマーに頼る場合は注意です。)


少し思うところはありましたが、私の知りうる限りの情報は全て記載しました。
ご意見や他の情報等ありましたらご連絡いただけると幸いです。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/1:『スペルフィストのメモ【20180901】』にバフォメットカードについての記載(範囲部分にSFが乗らない)を追加しました。(コメントありがとうございます。)

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。