FC2ブログ

【ROSNS再掲】メモ:精霊の除算Def計算式

あくまで個人での調査結果ですので、誤りがありましたらごめんなさい。
とりあえず結論を先に記載します。

 ・精霊の除算Def=ソーサラーの減算Def + ソーサラーの除算Def + ソーサラーのベースレベル ÷ (5 - サモンレベル)
 ・アスムを使用しても上記計算式の結果に影響なし
 ・精霊の減算Defは50

除算Defの計算式はIRO準拠ですが、Defとなっていた部分にソーサラーの減算Defも含まれていたのは少し驚きました。
残念ながらアスムを使用しても精霊のDefは上昇しませんでしたが、ライオットチップセットで上昇した除算Def分は上昇しました。
そのため鋼鎧のDef上昇も有効ではないかと想定しています。
鋼鎧と組み合わせれば精霊の除算Def2000位は行けそうですね。

減算Defについてはおそらく50固定と思われます。
減算Defの計算式は『ベースレベル ÷ 2 + Vit ÷ 2 + Agi ÷ 5』となります。
精霊のベースレベルはソウルドレインの結果から100と前に推察していますが、50はちょうど100の半分となります。
このことから、精霊のVitとAgiは0の可能性が高そうです。
また精霊は呪われないですが混乱にはかかることからLukも0と推測しており、以上のことからStr、Int、Dex、Vit、Agi、Lukすべて0ではないかなぁと想像しています。
精霊も調べてみるとなかなか奥が深い・・・。
以下は検証手順とその時のデータなので参考程度です。

【精霊の除算Def検証方法など】
<ソーサラー(以降、皿と表記)>
ベースレベル:165
減算Def:143(装備なし時)

<アークビショップ(以降、ABと表記)>
杖装備(サイズ補正がすべて100%)
種族サイズ属性特化なし
Def計算前のダメージ『518』

まずエクスピアティオ(Def無視の効果)を使用したABで除算Def0、減算Def143の皿を殴ります。
共にダメージが『375』となったため、エクスピアティオは減算Defを無視しないことを確認しました。
20170902_001
続いて精霊レベル1~3に対しエクスピアティオ使用して殴るといずれもダメージ『468』であることを確認。
このことから精霊の減算Defが『518 - 468 = 50』であることがわかりました。

またエクスピアティオなしのダメージは各々以下となりました。

・皿の除算Def0、減算Def143
Lv1:321
Lv2:313
Lv3:300

・皿の除算Def150、減算Def143
Lv1:255
Lv2:251
Lv3:242

・皿の除算Def763、減算Def148
Lv1:139
Lv2:138
Lv3:135

(以下はサンプルの画像)
20170902_002

20170902_003

この結果に対し、以下の手順で計算した結果と実際のダメージが一致することを確認しています。

1.最初に記載した計算方法で精霊の除算Defを計算
2.Defのダメージ公式『(4000 + 除算Def)÷(4000 + 除算Def × 10)』を算出
3.ABの攻撃力『518』と上記2の結果を掛け算して1未満の端数を切り捨て
4.上記3の結果から精霊の減算Def50を引き算
5.計算結果とダメージを比較して一致することを確認

この結果からすると、除算Mdefのほうも似たような結果になりそうですね。
近々、そちらも検証してみることにします。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/7:状況が読めないですが、明日はひょっとしたらブログ更新できないかもです。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。