FC2ブログ

【ROSNS再掲】メモ:イーブル戦の使用スキルなど

イーブル戦にあるとうれしい耐久装備がある程度あったため、ヒーターのウォーマー回復量強化で大体何とかなってしまっている現状です。
某暗黒武術会決勝3戦目みたいな耐久力と再生力勝負みたいな状態に。

そんなこんなで戦い方はあまり参考になりそうもないので、少しは有益な情報がないかとちょっと調べてみました。
以下は私個人の調査結果が元になっているため誤りがあったらごめんなさい。

【イーブル戦・第1段階】
・最初の『傷が塞がっていく』は攻撃を当てるまで発動しない。
 初期のMHP30Mまでは回復しない様子?
 時間は概ね3分~4分持続しそう。
・HPをおよそ27M以下まで減らすと次の段階に移動。
・使用確認スキル:スタンアタック、ソニックブロー、ドラゴンフィアー、メテオアサルト

【イーブル戦・第2段階】
・第2段階はキラーガード、ハートハンターリーダーが沸くくらいで他のギミックはなさそう。
・ただし第1段階の『傷が塞がっていく』の回復時間が残っている場合は回復が継続しているかも?
・HPをおよそ15M以下にすると次の段階に移動。
・第3段階に移動する際、イーブルはMVP版に差し変わる関係か、15M以下に減らした場合でも第3段階はHP15Mから開始するようです。
・使用確認スキル:クリティカルスラッシュ(HP24Mあたりから使用)、スタンアタック、ソニックブロー、ドラゴンフィアー、メテオアサルト、ワイドウェブ(追跡時)

【イーブル戦・第3段階】
・第3段階はHP15Mから開始。
・ヒールスキルを使うと回復して15M↑になることを確認。
20170812_101
20170812_102
・ここもキラーガードとハートハンターリーダーが沸きます。
 全滅させても再度沸くようですが、倒さなければ再度沸くことはない様子。
・HPをおよそ10M以下まで減らすと『傷が塞がっていく』2回目発動。
 同時にスナイプガードを召喚。
 以降、20秒おきにスナイプガードは再召喚を行う様子。
 またスナイプガード再召喚前にスナイプガードが一回自滅→イーブルから5連続メテオアサルトが飛んできます。
・『傷が塞がっていく』は大体2秒に1回位HPが回復していく。
 回復するHPは『100k-回復回数(初回は0)×1k』と思われる値となり、徐々に回復するHPが落ちていく。
 確認している範囲では最大5.05m回復します。(上記計算式で100回回復した合計と一致)
20170812_103

・使用確認スキル:Mレックスエーテルナ、インデュア(追跡時)、クリティカルスラッシュ、スタンアタック、ソウルブレイカー、ソニックブロー、ツーハンドクイッケン(HP6M当たりから使用)、ドラゴンフィアー、パルスストライク、ヘルジャッジメント(HP9Mあたりから使用)、メテオアサルト(5連続版はHP10Mあたりから使用)、ワイドウェブ(追跡時)

特徴的なのは『傷が塞がっていく』のギミック?ですね。
1回目のものはデータがうまく取れていませんが、2回目のものと同じ可能性はそこそこありそうです。
その場合、一気に削り切れる職なら大差はありませんが持久戦となる職だと実質35~40MのHPになります。
また回復量に対し削り方が微妙な場合はヘルジャッジメントやツーハンドクイッケン使用する段階がやや長くなる可能性もあります。

こうしてみるとイーブルは対策しないと即アウト、というよりは自身の耐久力と手数で削り切るタイプのボスに見えますね。
その分、一定ラインを超えるとぐっと楽になるもののそれ未満だとかなり厳しくなる感じかしら。
個人的には悪い方向性ではないと思うのでこの方面で良調整のボスがでると面白くなりそうかな。
今後に期待したいところです。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/7:状況が読めないですが、明日はひょっとしたらブログ更新できないかもです。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。