FC2ブログ

【ROSNS再掲】魔神殿WLソロ:絶望の神戦

装備はもう少し吟味できそうですが、今回は以下の装備で挑戦しました。

【装備】
頭上 :+4ライオットチップ(ナイトメアc)
頭中 :カルデュイの耳
頭下 :愛しさの欠片
鎧  :+4エクセリオンスーツ(E-Wind、A-Frozen、A-MaxHP)
武器 :+9退魔神の杖
盾  :(退魔神)
肩  :エクセリオンウィング(R-Water2個、R-Wind)
足  :+4エクセリオンレッグ(S-Avoid、A-MaxHP、A-Def)
アクセ:幻影の刻印<白銀>
アクセ:幻影の刻印<白銀>

【基本戦術】
・セーフティウォールで抱えながらチェーンライトニングで攻撃
・獄炎呪はすぐに回復(前2体と比べ使用頻度は大分低いです)
・厄介な攻撃はホワイトインプリズンで回避
主にアースクエイク、コメット、取り巻き召喚、ストームガスト付き魔法セット、広範囲の地属性魔法

基本的には上記の戦術で戦うだけです。
最初の位置取り次第で闇グランドクロスやファイアピラーも当たらなくなるため、形を作るまでが重要です。
そのため、位置取りが悪いとあっさり死にます。
20161022_101
おまけで死亡後に獄炎呪が付与されており、セーブポイントでも継続ダメージで転がる。
20161022_102
再突入時も抱える位置などが悪く、闇グランドクロスで転がってます。
20161022_103
リプレイ開始後3分で3回も転がってるとは情けない。

ようやくいい位置につけたので本格的に戦闘開始。
残HP75%付近まで削るとアースクエイクと取り巻き召喚をしてくるのでホワイトインプリズンで回避してます。
20161022_104
アースクエイクは以降、5分おきに再使用に備えると回避しやすくなると思います。
それでも2回失敗してますが。
20161022_105
20161022_106
残HPが50%以下になるとツーハンドクイッケンで高ASPDとなりますが、防御を固め隙を見て攻撃していきます。
今回はチェーンライトニング主体でしたが、ドレインライフをうまく使えば一気に回復できます。
このあたりをうまく使えば回復剤の消費を抑えれるかもしれません。

セリフ付き攻撃のうち、基本戦術に記載分をホワイトインプリズンで回避しています。
20161022_107
理由はそれぞれ
・コメットは即死級なので絶対回避
・取り巻き召喚も組み合わせ次第で死にかけるので回避
・ストームガスト込みが前半はノックバック対策
・後半は4属性大魔法+テトラボルテックスの痛いコンボの為、回避
・地属性魔法は単純に装備が地属性耐性を捨てているため
となります。
また、ディスペルはヘルジャッジメント+パルスストライクコンボ時に使用するため、アースクエイク時以外は気にしなくてよさそうでした。
特にコメットとアースクエイクはホワイトインプリズンで回避できるため、念属性鎧を用意しなくてよい分、装備が安価で済みます。
多分靴も吟味すれば暴走した魔力もいらないかも?
茶番をスキップなし、絶望の神モロク撃破時点で15分ほど時間が余っていましたし。

後半はホワイトインプリズンの時間が長くなりますが、じわじわと削っていき最終的には倒すことができました。
20161022_108
リプレイも某アップローダーに上げてみたので、興味があれば自己責任でご覧ください。

しかしいつの間にか魔神殿もソロができる時代になっていたのですね。
また、ペアトリオも以前よりだいぶ楽になっているため、今後は少数でクリアしていければと思います。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/7:状況が読めないですが、明日はひょっとしたらブログ更新できないかもです。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。