FC2ブログ

【ROSNS再掲】魔神殿WLソロ:再生の半魔神戦

緊急対応で昨夜は帰れなかった・・・。

【装備】
頭上 :+4ライオットチップ(ナイトメアc)
頭中 :カルデュイの耳
頭下 :愛しさの欠片
鎧  :+4エクセリオンスーツ(E-Fire、A-Def、C-Life)
     勇者のマジックコート(イビルドルイドc太古と安息のモロク用)
武器 :+7シャドウスタッフ(ビッグベンcとグレイヴミミックc)
     +9退魔神の杖(太古と安息のモロク用)
盾  :名状がたき風の盾(ネオパンクc)
     (退魔神)
肩  :エクセリオンウィング(R-Fire2個、R-Wind)
     +7ヴァルキリーケープ(レイドリックc、太古と安息のモロク用)
足  :+4俊敏の時空ブーツ<暴走した魔力>
アクセ:幻影の刻印<混沌/白銀>(白銀は太古と安息のモロク用)
アクセ:幻影の刻印<混沌/白銀>(白銀は太古と安息のモロク用)

【基本戦術】
・セーフティウォールで抱えながらヘルインフェルノで攻撃
・アースクエイクはホワイトインプリズンで回避
・太古と安息のモロクは気合いのチェーンライトニング(何も考えてなかった)
・狂気のカーサはストームガストで凍結放置

火属性耐性と風属性耐性を高め、セーフティウォールで抱えれば防御はほぼ万全です。
たまにセーフティウォール更新の合間に聖属性攻撃が飛んできますが、ライオットチップとA-Defのセットがあれば即死はまずないかと。
形ができたら後はヘルインフェルノで攻撃するだけです。
シャドウスタッフのMdef無視効果、属性相性からいいダメージが出ます。
20161022_001
いわゆる休憩モードに入る直前(HP50%ちょい)あたりからアースクエイクを使用し始めるので、怪しい詠唱がないか見極めてホワイトインプリズンで回避します。
20161022_002

絶望の神でもそうですが、アースクエイクは使用条件を満たしたら5分おきに使用してくるようです。
とはいえ休憩モードのときはギミックの関係で、アースクエイクのクールタイムがリセットされる可能性もあります。
(といっても私の場合だと休憩モード終わるころには5分なんて過ぎ去ってますが)

休憩モードに入ったら太古のモロクと安息のモロクを同時に削ってます。
20161022_003
アースクエイクをホワイトインプリズンで回避しようとするも盛大に失敗orz。
20161022_004
ここは念のためジークフリートの証で起き上がりました。

太古のモロクを倒し安息のモロクを地道に削ってると、
20161022_005
再生の半魔神が突如出現、チェーンライトニング反射死\(^o^)/。
20161022_006

休憩中は動かないと思っていましたが、ヒールのモーションで動きづらいだけで実は移動できるのかもしれません。
ちょうど位置ずれが直ったような感じの現れ方でしたし・・・。
再度ジークフリートの証で起き上がり、安息のモロクを何とか倒し後半戦へ。
途中召喚してくる狂気のカーサは生き残っている個体がいると、再召喚はしないようです。
それを利用しストームガストで凍結を狙いましたが
20161022_007
まさかの獄炎呪(狂気のカーサも獄炎呪になる)で氷が割れる割れる。
20161022_008
敵にリーチエンドとかを使われた気分でした。
先の乱入と言い今回のモロクは策士のようで。

結局再召喚分を当初予定通り凍結させてタイマンに持ち込み。
20161022_009
再生の半魔神も撃破。
20161022_010
後は絶望の神のみ。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/7:状況が読めないですが、明日はひょっとしたらブログ更新できないかもです。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。