FC2ブログ

生命力変換のメモ【20180120】

温故知新ということもありスキルの個人的なメモをまとめています。
今回は生命力変換に関するまとめとなります。
【スキルの基本仕様(左側1レベル~右側5レベル)】
最大レベル5
基本詠唱時間0秒
基本スキルディレイ1.0~1.8秒
消費HP最大HP(MHP)の10%
回復SP消費したHPの10~50%
消費SP1~5
レベル調整不可
その他
  • 現HPが1割以下の時は使用できない
  • 現SPが消費SP未満※だと使用できない
  • SPが全快の時も使用できない


※実際には消費しないようです。
 また消費SP増加装備を使用している場合、その分も影響します

【スキル仕様】
・SPの回復量は最大HPに対する割合で決まります

例1.スキルレベル3でMHP15000の場合、HPが1500減少(MHPの10%)しSPが450回復(減少したHPの30%)
例2.スキルレベル5でMHP40000の場合、HPが4000減少(MHPの10%)しSPが2000回復(減少したHPの50%)

・スキルレベルに比例して回復するSPも増加します。
SP回復量だけ見ればLv5推奨です。

・スキルレベルに比例してディレイも増加します。
上級者向けですがスキルレベルを低く抑えるとディレイも少し減少します。

・SPは消費しませんがスキルレベル分のSPがないと使用できません。
重量50%以上の時などはSPも自然回復しません。
その時にSPが0になると状況によっては詰みます。
そうならないためにも、軽いものでよいのでSP回復剤は持ち歩いてすぐに使えるようにしましょう。

【小ネタ、小技など】
・SPの自然回復に頼らずSPを賄う。
基本的な使い方ですがSPはこのスキルで回復できるため、HP回復手段があれば重量50%以上でも問題ありません。
また消費SP増加装備も基本的に気にせず使用しやすくなります。

・暴走した魔力との相性は良し。
スキルレベル5であればHP4000を消費することで暴走した魔力により消費するSP2000(更新なし10秒後に消費するSP)を賄えます。
HP回復手段がそろっていれば暴走した魔力を常時運用しつつ戦う事が出来ます。
ただし暴走した魔力が発動中はMSPも上がっているため、余計に回復しすぎないように注意が必要です。
(余剰に回復すると暴走した魔力が切れてMSPが元に戻った時に余剰分がなくなってしまうため)

・カアヒ、ヒールなどとの相性も良し。
HPを回復するスキルとも相性がよいです。

・エナジーコートとの相性はちょっと微妙。
エナジーコートはSPを消費してダメージ(≒HPの減少)を抑えるスキルですが、生命力変換はHPを消費してSPを回復します。
敵の攻撃力が低めだと生命力変換で消費するHPのほうが高くつくこともあります。
アースクエイクなどのように、強力な攻撃のダメージをできるだけ抑えたいときに組み合わせるほうが良いと思います。

・ソウルチェンジの半ば前提となるスキル。
対象者とSPを交換するソウルチェンジはこのスキルと組み合わせることで、対象者のSP回復を行うことができます。


ソウルチェンジについても近日中に記事を作成しますのでそちらも合わせてご参照ください。

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/1:『スペルフィストのメモ【20180901】』にバフォメットカードについての記載(範囲部分にSFが乗らない)を追加しました。(コメントありがとうございます。)

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。