FC2ブログ

【ROSNS再掲】ポートマラヤメインクエストExpメモ

2012/9/4(火)のメンテから2週間、ポートマラヤメインクエストに
追加報酬があるとのことでちょっと書き出し。

街を思う少女:経験値Base5M*2、経験値Job3M
ペリー号のゴースト:経験値Base5M*2、Job3M
新任看護師と病院::経験値Base5*6M、Job5M*2
森の中の秘密:経験値Base5M*2、Job3M
バコナワの伝説:経験値Base5M*2、Job3M
消えた住民とバコナワ:経験値Base5M*6、Job5M*2

ベースだけに着目すると
10M+10M+30M+10M+10M+30M=100M

これが2倍になると200M、教範付けるとさらにUPという感じのようで。
クエストの経験値もインフレしてますが、3次1Lv分には足りない感じ。
開始レベルが99からなら100への足がかりにも使えるのですが、
開始レベルが100以上(バコナワ関連は120以上)なのが残念ですね。

少しネタバレですので白文字にしますが、

ポートマラヤは危険なモンスターだらけだ。

クエストをする際には、特にご注意下さい。

-----以下ROSNSコメント(お名前はマスク化してます)-----
1.Gさん
しかしほんとインフレすごい。

2.SIA
>Gさん
色々とインフレが凄いですねぇ。
zenyの増加も問題に上がってますし、ポートマラヤのフェスタで
タトゥー材料を50M(値段適当)で買えるとか、回収策でもしないものかしら。

3.Dさん
読んでて思わずデノミの単語が頭をよぎった・・・(*'v'*;)

昨今のZenyのインフレ状態はちょっともう、ねぇ・・・
正式サービス開始から10年経過して、その間にワールド統合もあって、とどまることなく世界中で狩りの名のもとにMOBを倒され続けて、
そんな状況が続けば、市場のマネーストックも減るはずもなく。

一つ一つの収集品売却益は微々たる金額かもしれないけど、
店売りアイテムが消耗品以外有名無実化してる以上、中央(運営)が介入して公開市場操作でもしないと、このインフレは永遠に止まりそうにありませんね。

店売り装備品よりドロップアイテムの方がスロット的に性能がいいとか、
短期的視点では、ゲーム性の面でよかったかもしれないけどね。
(レアアイテムが出た時のドキドキ感と達成感からも)
しかし、ここまでROの息が長くなると、こうした重要な問題をはらむことに、当時の運営は気付いてなかったのか、それとも解ってた上での確信犯だったのか…

ともあれ、Zeny経済の仕組みについては、仮想通貨とはいえ貨幣システムを導入している以上
運営側も、現実の経済事情と同様に考えてシミュレートする必要があったと私は考えます。

4.SIA
>Dさん
今さらという部分はありますが、zenyの消費策がないに等しいのは致命的ですね。
もっとも、見栄えはいいので、仰る通りに其れを利用しようという側面も
あるのでしょうけど。
これ以外にもいい意味でも悪い意味でも、ネットゲームの教材としては
学ぶものが多くありそうですね。

5.Gさん
まとめて消費できるコンテンツとしてGvという側面がありますが、そこに
お金かける事ができる所、出来ない所でまた格差があるわけで…
お金無い所はどこまでいってもジリ貧、有る所はより潤うという悪循環
はありますねー。

6.SIA
>Gさん
確かにGvは大きな消費口でしたね。
秋のかぼちゃシリーズや正月のおもち関連が、一番消費に繋がって
そうですが、それらを除くと・・・どうなんでしょうか?

コメント

非公開コメント

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/7:状況が読めないですが、明日はひょっとしたらブログ更新できないかもです。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。