FC2ブログ

ソーサラー用完全回避装備のメモ【20180428】

昨年のノーマルグローザ戦以来、完全回避の有用性に漸く目覚め装備をちょこちょこと集めていたりします。
精錬祭りが近いのもあり、ちょっと現状で集めていた情報などを整理してみます。
以下に一覧を記載しますが、Lukは考慮せず(状態異常の呪いに影響を受けるため)純粋に完全回避のみ上がる装備を記載しています。

<ソーサラー用に注目している完全回避装備一覧>
部位装備完全回避備考
頭上段+8ガーデンオブエデン10完全回避+5のエンチャ2つ付与
+8お座り教皇10完全回避+5のエンチャ2つ付与
頭中段いたずらな妖精3
小型偵察機3完全回避+3のエンチャ要(エンチャ時破損あり)
ジェミニ-S58の目(赤)3完全回避+3のエンチャ要(エンチャ時破損あり)
ニーヴバレッタ3完全回避+3のエンチャ要(エンチャ時破損あり)
頭下段ラッキークローバー2
浮遊する氷2完全回避+2のエンチャ要(エンチャ時破損あり)
オープンエアヘッドフォン2完全回避+2のエンチャ要(エンチャ時破損あり)
ロイヤルマント2完全回避+2のエンチャ要(エンチャ時破損あり)
+9アンソニの服3+7は完全回避+1、+8は完全回避+2
ポリンカード1
武器フォーチューンソード20
+7運命の書20+7未満は完全回避+15
ルナティックカード1
[ECO]ミニー・ドゥ・アルマカード1
+9スクトゥム7未精錬で完全回避1、+3毎に完全回避+2
+9金剛石の盾+名誉のニーヴ(幸運)7未精錬で完全回避+3、+7の時は完全回避+5
+9金剛石の靴+名誉のニーヴ(幸運)7未精錬で完全回避+3、+7の時は完全回避+5
+7フェアリークロース28未精錬で完全回避+8、+5の時完全回避+18、チョコcは無意味となる
ロウィーンカード3
アクセ強運のグローブ5
長司祭の指輪5
栄光の証+名誉のニーヴ(幸運)3
ヨーヨーカード5
セット効果ダークハンド+名誉のニーヴ(幸運)5
金剛石の盾+栄光の証10
長司祭の指輪+大司教15
長司祭の指輪+大司教25
長司祭の指輪+大聖堂15
長司祭の指輪+治癒15
エーギルフルセット(頭、肩、靴、鎧、アクセ)30


軽く補足しますと、
頭上段は火力重視ならエデン、ディレイカットなら教皇様、防御重視でダークハンドといった使い分けができそうですね。
頭中下段はパッケージ品が割と高性能ですが、破損ありエンチャントなのがネックです。
服は今のところアンソニの服くらいですね。
武器は運命の書が破損せずスロット付きなのでお勧めです。
盾はスクトゥムか金剛石の盾ですが、ダークハンド使用時なら金剛石の盾がコストはかかりますが何かと便利そうです。
靴は金剛石の靴がよさそうでしたが、エクセリオンレッグ(S-Avoid、完全回避+5)やエルヴィラブーツ(大司教1付与可能)もあります。
肩はやはりフェアリークロースですね。
ロウィーンカードならさらに追加+3も狙えます。
アクセサリーはセット効果も含めると長司祭の指輪や栄光の証がよさそうです。
ただ、栄光の証はSEが鬼門となる可能性があります。
セット効果はダークハンドや金剛石の盾+栄光の証をうまく使うとニーヴエンチャを活かしながら完全回避100も狙えそうです。
長司祭の指輪セットも完全回避の恩恵はソーサラーでも受けることができます。
エーギルセットは水属性耐性重視とかならありかしら?

以上を踏まえて私が揃えようとしているセットは以下となります。

【完全回避装備例】
頭:+8↑ガーデンオブエデン(完全回避+10)
頭:いたずらな妖精(完全回避+3)
頭:ロイヤルマント(完全回避+2)
服:-
武:+7運命の書(完全回避+20)
盾:+7↑金剛石の盾+名誉のニーヴ(幸運)(完全回避+5~7)
靴:+7↑金剛石の靴+名誉のニーヴ(幸運)(完全回避+5~7)
肩:+7フェアリークロース(完全回避+28)
ア:栄光の証+名誉のニーヴ(幸運)+ヨーヨーカード(完全回避+18、セット込み)
ア:強運のグローブ+ヨーヨーカード(完全回避+10)

上記で完全回避101~105となります(Luk分と初期の1を除く)。
完全回避は100を超える分は無駄になるため、超えた分は別装備に換装することも検討可能になります。
頭上段はダークハンドへの換装も可能になるため、盾か靴は+9を狙いたいところですが・・・さすがに厳しいかしら。

この装備をどこで使用予定かはまた別の機会にでも。

ダブルキャスティングとスペルフィスト

ダブルキャスティングの記事のおまけみたいなものです。
大魔法ソーサラーにとって単体へのDPSの低さが課題になることが多いと思います。
あるとんさんのようにスペルフィストとのハイブリッド型が比較的?現実的な気もしますが、ダブルキャスティングを使用した場合のメリットもありそうなので軽めに検討してみます。

以下の表はスペルフィストとダブルキャスティングを検討項目ごとに互いを私の独断と偏見で比較した一覧となります。
両者を比較してデメリットが強めと感じた箇所は薄い赤で色付けてしています。

また、スペルフィスト関連はブログ『まるるまる』さん(作者:あるとんさん)の記事も参考にしていますので、この場でお礼を申し上げます。
ありがとうございます。
(もし不都合な点等ありましたら、ご連絡ください)

<スペルフィストとダブルキャスティング比較表>
検討項目スペルフィストダブルキャスティング
威力ボルトLv10の約1.5倍ボルトLv10の約1.2~1.6倍※1
射程距離1~6マス※210マス
ディレイカット原則不要必須
ASPD重要重要
マジックミラー対策不要対策要
リフレクトシールド対策要対策不要
ストーンスキンダメージ減少※3ダメージ増加
アンチマジックダメージ増加?※4ダメージ減少
操作やや複雑やや単純
消費SP低い高い
暴走した魔力等発動不可発動可能
固定詠唱増加関連不具合有?※5影響有
スローキャスト対策不要対策要※6
セイフティウォール対策要対策不要


※1:私の実測値(無詠唱無ディレイ)、かつ、確率発動なので期待値となります
※2:ミラージュ武器のように遠距離攻撃可能な武器で射程が伸びるようです。
  ブログ『まるるまる』さんのあるとんさんの調査結果を参考にしています。
※3:「ROラトリオ」避難所さんの計算結果より
※4:上記※3からの想像、機会があれば調査します
※5:ブログ『まるるまる』さんのあるとんさんの記事より
※6:ステータス無詠唱にするなど

簡単な比較ですが、やはりダブルキャスティングを使用する場合は高いディレイカットが必須となるのがネックですね。
特にソロだと実用レベルにするにはディレイカット装備で大半を埋める形になるため、威力やASPDの両立がかなり難しくなりそうです。
その点をクリアできればソーサラーとしてはスペルフィストと比較してメリットもあり、ある程度の単体DPSも確保できそうな気がしますね。
機会があればブラギ付きで試してみようかしら?
試す機会があったらまた記事にしてみたいと思います。

続きを読む

ASPDスキルディレイについて【20180415】

主題は弓手Wikiさんの『基本情報欄』『ディレイ』の項目の記載から。
ASPDが低いと次にスキルが使えるようになるまで時間がかかるという話になります。

私も感覚的にしか理解していないところがあったので、ブレッシング(固定モーション)でちょっと実測してみました。
ASPDを調整しながら自分自身にブレッシングを50回掛けるのに何秒かかるかを計測しています。
その結果が以下となります。

<ブレス50回使用するまでの時間>
(1)ASPD(2)所要時間(秒)(3)1回使用の平均時間(秒)(4)ASPDの通常攻撃時間(秒)(5)左記の(3)÷(4)
01062.1240.53
50821.6430.547
100561.1220.56
150310.621-
160310.620.8-
170310.620.6-
180310.620.4-
190310.620.2-
193310.620.14-

※上記(4)は理論値として、ASPD毎の1秒当たりの攻撃回数の計算式  『50 ÷(200 - ASPD)』
 で算出した値を1で割った値(=1回攻撃するのにかかる時間)を記載してます。

※上記(5)は(4)で算出した値に対し、実測した(3)の比較を行っています。
 意味がありそうなASPD0、50、100の分だけ記載しています。

因みにですが、ASPD0~100はナックル装備のプリーストで実現できます。
20180415_001
上記の結果からASPD0~100くらいまではブレッシング使用→次のブレッシングを使用するまでの時間がASPDが上がる毎に短くなっていますが、150を超えたあたりからは変化がなくなります。
ASPD150前後で今度はモーションディレイに引っかかるようになるみたいですね。

ブレッシングならASPD150程度でも問題ないラインのようですが、体験談としてソーサラーでもAgi1のキャラだとスキル使用に引っかかりを覚えることもあるので、スキルに合わせてASPDの調整も検討するとよさそうです。

この辺を踏まえるとROは『スキルのディレイ』『スキルのクールタイム』『モーションのディレイ』に今回の『ASPDのスキルのディレイ』とディレイやら何やらが多くて複雑ですね。
厄介な面も多いですが、しっかり理解したうえで調整出来るようになりたいものです。

続きを読む

続きを読む

当ブログについて

SIA

Author:SIA
当ブログは2002年より日本で正式サービスを開始している「ラグナロクオンライン」についてのブログとなります。
初めての方は『はじめに』をご参照くださいませ。
基本的には週末に更新すると思います。

また当ブログはリンクフリーです。
報告もなしで大丈夫です。

お知らせ

9/7:状況が読めないですが、明日はひょっとしたらブログ更新できないかもです。

検索フォーム

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

当ブログの画像や頂き物のイラスト等については無断転載を禁止しています。
記載内容については引用等はご自由にしていただいて構いませんが、誤り等がある可能性があります。
それにより不利益等を被る可能性を考慮したうえで、自己責任にてご利用ください。